3D プリンティング - IDTechEx Reports and Subscriptions

This is the IDTechEx Master Report for 3D Printing

3Dプリンティングおよび付加製造技術 2020-2030年:新型コロナウイルス禍版

当レポートは市場で入手できるプリンターや造形材料の評価に加え3Dプリンティングにおいて使用される技術およびその主要な用途を対象としています。ここで市場の動向、市場の拡大要因および制約の分析、さらにプリンターと造形材料の売上予測を提供しています。3Dプリンターと消耗品の市場は2030年までに450億ドルに膨らむ見通しです。
続きを読む

複合材の3Dプリンティング 2020-2030年:技術および市場分析 

当レポートは市場で入手できるプリンターや造形材料の評価に加え複合材用の3Dプリンティングにおいて使用される技術およびその主要な用途を対象としています。ここで市場の動向、市場の拡大要因および制約の分析、さらにプリンターと造形材料の売上予測を提供しています。複合材成形用3Dプリンティング装置と造形材料の市場は2030年までに17億ドルに膨らむことが予想されています。
続きを読む

医療・歯科産業における3Dプリント:2019~2029年 

当レポートは、医療および歯科産業での応用のために、医療機器および生体組織の3D印刷で使用されるツールと技術をまとめています。技術の現状、用途、成功事例研究、市場成長、推進力、抑制因子、収益傾向分析を示す分析結果が提供されます。3Dプリンティング医療機器と生体組織は、2029年までに材料、機器、ソフトウェアプロバイダーに81億ドルの市場機会を提供します。
続きを読む

航空宇宙・防衛向け積層造形(AM)・軽量マテリアル (2018 - 2028年) 

航空宇宙は、他の輸送手段に比べて、トンキロあたりの二酸化炭素排出量が最も高くなっています。規制上の要求と経済的およびパフォーマンスの利点を組み合わせることで、重量を節約することが常に目標になります。当レポートでは、このセクターの主要な軽量化アプローチと、どのプレーヤーとテクノロジーが主な勝者と敗者であるかについて説明します。主な焦点は、先端的軽量材料と積層造形の台頭です。
続きを読む

3Dバイオプリンティング市場2018 - 2028:技術、市場、成長予測 

このレポートでは、3Dバイオプリンティングで使用される技術と、3Dバイオプリント組織の主な用途を取り上げ、再生医療の将来の用途に焦点を当てています。当レポートでは、3Dバイオプリンティングテクノロジーの利点、現在の推進要因、傾向、および課題について説明します。3Dバイオプリンティングは、2028年までに19億ドルの市場になると推定されています。
続きを読む

3Dプリンティングソフトウェア市場2018-2028年:技術および市場分析 

当レポートでは、3Dプリンティングソフトウェアの技術と主なアプリケーションについて説明し、オープンソースおよびアディティブマニュファクチャリングに使用される商用のコンピューター支援エンジニアリングおよび製造ソフトウェアの評価を行います。市場分析では、急速に拡大しつつある3D印刷ソフトウェア市場が2028年までに9億6,600万ドルの規模に成長すると予測します。
続きを読む

3Dプリンティング材料 2020-2030年: コロナ禍版 

3Dプリンティング技術は1980年代後半に地味な存在として始まり今日では世界的に普及に至っていますが、その実態は各種印刷プロセスに対応可能な材料の範囲の制約を受けるものでした。その材料の範囲は昨今多様化を続けており、主要な3Dプリンターのメーカーは新たな材料を市場に投入すべく莫大なリソースを投入しています。エンドユーザーがより質の高い製品、多くの選択肢や柔軟性を要求し、また試作分野において最終製品の外観や動作を忠実に再現することのできる材料を求めていることから造形材料の種類は引き続き拡大しています。エンドユーザーが複数の業界にまたがって活躍する中、その範囲は今後も拡大する勢いです。依然として利用されている旧式のプリンターが引き続き材料を消費しているため3Dプリンティング材料の成長のポテンシャルは印刷装置ごとに大きく異なります。それゆえ、3Dプリンティングのバリューチェーンは今後10年間にとてつもない潜在的な力を秘めているのです。IDTechEx は、3Dプリンティング材料のグローバル市場が2030年に184億ドルの規模となると予測しています。
続きを読む

3D エレクトロニクス 2020-2030年:技術、見通し、有力企業 

3Dエレクトロニクスを対象とするこの IDTechEx 調査レポートは、個別のプリント基板を集積エレクトロニクスとして置き換え可能とすることで、製造の複雑さの解消に加え、省スペース化と軽量化を実現する一連の技術を分析・比較しています。調査レポートには、インモールドエレクトロニクス、フィルムインサート成形、三次元曲面への電子機能追加、そして3Dプリンテッドエレクトロニクスが盛り込まれています。また本レポートには、市場見通し、企業プロファイル、ケーススタディ、技術的課題の特定、関連する技術革新の事業機会も盛り込まれています。この包括的な調査レポートにより、読者は多くの用途において、究極にはプリント基板を置き換えることになる、この斬新なアプローチをどう利用することができるのかを理解することができるはずです。
続きを読む

金属積層造形 2020-2030年 

金属3D造形は複数の分野にまたがる重要な要素技術となります。この技術はすでにプロトタイプ、ツーリング、代替部品そして少量生産から大量生産のために利用されています。注目すべき最新のプロセス、新たな参入企業、重要な企業買収そしてエンドユーザーによる採用拡大が進んでいます。しかしながら、現在の主要市場を見るかぎり、新型コロナウイルスがこの業界に短期から中期にわたる深刻な打撃をもたらしています。IDTechEx はこの業界にとって重要な時期となる10年間を対象とする緻密な市場見通しを通じ、プロセス、素材、用途そして地域別の内訳を提供しています。この調査は IDTechEx 技術アナリストが実施したものであり、広範囲にわたるインタビューを通じて読者にこの市場に関する基本的情報を提供しています。このレポートには、有力なベンチャー企業から業界の筆頭企業、材料関連の有力企業などに至るまで50社以上の企業の詳細な動向が含まれています。
続きを読む

Graphene Market & 2D Materials Assessment 2021-2031 

Graphene has long been seen as a "wonder material" and the solution to many of the world's challenges. The reality is very different, and the immediate impact not observed. However, the industry has been progressing over the past decade and a tipping point is now being observed with notable trials progressing into orders, significant capacity installations, and price reductions. This report looks at both graphene powders/platelets and films/wafers. Benchmarking studies, granular forecasts, company profiles, manufacturer capacity/revenue/P&L are all included. IDTechEx have an extensive history in this industry and leverage an extensive amount of primary research to bring the reader the most accurate and up to date technical and market information. Beyond graphene there is an emerging family of 2D materials, each with unique properties and potential across a range of commercial applications. Nearly all are at a very early-stage of development. IDTechEx provides an assessment and outlook with a specific focus on boron nitride, transition metal dichalcogenides, MXenes, and Xenes.
続きを読む

マテリアルズ・インフォマティクス 2020-2030年 

マテリアルズ・インフォマティクスはイノベーションから市場投入までの時間を抜本的に加速させることによりR&Dのパラダイムを一変させます。複数の戦略的アプローチや既にいくつかの成功事例があり、この変革を見逃すことは非常に高くつくことになります。この調査レポートは、市場に関する重要な知見と概要を提供しています。専門的な初回インタビューを通じ、読者は有力企業、ビジネスモデル、技術そして用途分野に関する深い知見を得ることができます。
続きを読む

循環器障害 2020-2030年:トレンド、技術および見通し 

CVDの蔓延とそれが医療制度にもたらす重い経済的負担は、この病気に対処するための早急な打開策の必要性を物語っています。このレポートは、最新トレンドに焦点を当て、市場展望を分析し、将来の事業機会と課題に関する知見を提供するものです。新技術に対するその調査は、検知、モニタリングおよび治療の3つの分野に区分され、直近および将来の動向の詳細な分析を提供しています。
続きを読む

レーザーダイオード & ダイレクトダイオードレーザー (DDL) 市場の分析・予測:2019-2029年:技術、市場、成長予測 

新興の半導体レーザー技術は、産業用材料処理および光学センシング市場に革命をもたらします。IDTechExは、2029年までに世界のレーザーダイオードおよびダイレクトダイオードレーザー市場が139.85億ドルの規模に達すると予測しています。驚くべきことに、この期間中に光学センシングセグメントは1桁成長します。自動車およびエレクトロニクス産業は、レーザー製造、3Dセンシングおよびイメージング、LIDAR、および産業用マシンビジョンの進歩から大きな恩恵を受けます。
続きを読む

ファイバーレーザー市場2018-2028::技術・成長機会・市場・成長予測 

当レポートは、高度にイノベーティブなレーザー技術と、急速な成長を遂げているファイバーレーザー市場の取材結果を提供します。これらは、市場調査会社ではめったに調査されません。当レポートは、レーザー物理研究の技術的背景を持つアナリストによって作成されています。
続きを読む

軽量金属の世界市場の予測 (2018-2028年)成長予測、開発動向、主要企業 

同じ機能的能力を提供する一方で、より軽量なソリューションが多くの業界での緊急要件であることは明白です。軽量金属は、この課題に対する最先端のソリューションを提供します。IDTechExは、アルミニウム、マグネシウム、金属基複合材(MMC)、および発泡金属の全サプライチェーンを徹底分析しました。それぞれが市場の成熟度の異なるレベルにありますが、すべてが技術革新の根底にある進歩を持ち、豊富な機会を内包しています
続きを読む

組織光学市場2018-2028:年技術、市場、成長予測 

人工生体組織の市場は、2028年までに48億ドルを超えると予測されています。当レポートでは、3Dバイオプリンティングや3Dプリンティングなど、組織工学製品の製造に使用できる多くのテクノロジーの動向を網羅しています。さらに、このレポートでは、人工組織の重要な成長機会について分析し、再生医療市場について詳細に議論します。今日の組織工学のイノベーションは、間違いなく将来の医療の性質に大変革をもたらすでしょう
続きを読む

関連研究

 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300