3D プリンティング - IDTechEx 調査レポート

IDTechEx 調査レポート一覧

3Dプリンティングと積層造形 2023-2033年: 技術、市場、見通し

3D プリンティング業界は、ハードウェア、材料、サービス、後処理などを含む消費市場に必要となる多面的エコシステムからなるダイナミックな業界です。このレポートは、3D プリンティング技術と材料のステータスを検証し、最新トレンドを特定し、現在の市場を分析し、 3D プリンティングのハードウェアと材料の詳細な市場見通しを提供します。また、3D プリンティングのバリューチェーン全体における重要な知見と必須知識を提供します。
続きを読む

3Dプリンティングの材料市場 2022-2032年 

材料は積層造形において最大の収益機会を生むものですが、ポリマー、金属、セラミックなどの材料を理解することが不可欠です。このレポートは、確立された3Dプリンティング材料の動向を検証し、技術比較調査の結果を提示し、トレンドを分析し、さらに積層造形材料に関する詳細な市場見通しを提示しています。3D プリンティング材料に関連する企業に対し、このレポートは重要な知見と必須の知識を提供します。
続きを読む

金属積層造形 2022-2032年: 技術、市場、見通し 

金属積層造形は高収益分野や用途に対し確かな付加価値を提供するものですが、その可能性を理解することがそのメリットを引き出すカギとなります。このレポートは、確立された最新の金属3Dプリンティング技術動向を検証し、技術の比較調査結果を提供します。また、金属材料の分析、金属3Dプリンティングに関する詳細な市場見通しを提示しています。金属積層造形に取り組んでいる企業だけでなく関心のある企業にも、重要な知見と必須の知識を提供します。
続きを読む

セラミックス3D プリンティング 2022-2032年: 技術および市場に関する見通し 

セラミックスの 3D プリンティングは現在 3D プリンティング業界全体のニッチとして存在していますが、最近ではベンチャー企業からセラミックス・サプライヤーに至る多くの企業がこの分野に参入しています。このレポートは、セラミックスの 3D プリンティング技術と材料の実態を検証し、有力企業を特定し、興味深い用途を紹介し、またセラミックス 3D プリンティングに関する市場見通しを提供します。この小さいながらも成長しつつある特殊分野に参入することを検討している企業にとって、このレポートは不可欠のものとなります。
続きを読む

3D プリンティングハードウェア 2022-2032年: 技術、市場見通し 

本レポートは 3D プリンティングのハードウェア技術と販売拡大を解析するために作成されました。3D プリンティングのサプライチェーンに関連ある企業(材料メーカー、プリンター・メーカー、サービス・プロバイダー、エンドユーザー)にとって役立つものです。市場を17の技術分野に分類し、各分野に対し新型コロナウイルスの影響を考慮し、17種の見通しを作成しています。予測では3Dプリンタの設置台数、新規設置台数、買い替え台数ならびに 3D プリンター売上高に対する10年先の見通しを提供しています。
続きを読む

複合材の3Dプリンティング 2021-2031年:技術および市場分析 

複合材の 3D プリンティングが商業的に転換期をむかえています。ポリマー材料の3Dプリントは物理的制約を伴いますが、それらは繊維強化(やその他の機能)による恩恵を受ける可能性があります。また、複合材の製造はコストがかかることで知られていますが、これに挑戦することで、積層造形によって実現する金型レス、ラピッドプロトタイピングや自動化アプローチなどの恩恵が得られる可能性があります。IDTechEx はこの市場が2031年までに20億ドルの規模に急成長すると予測しています。この市場レポートは、緻密な10年間の見通し、材料とプリンターのベンチマーク評価ならびにインタビューに基づく企業概要を含め、複合材の 3D プリンティング市場に関する包括的な見地を提供しています。
続きを読む

ポリマー積層造形2023-2033年: 技術と市場見通し 

ポリマー3Dプリンティングは、少量・低コストでの部品生産でよく知られていますが、プロトタイプ作製や特注品に留まらず、より価値の高いアプリケーションに浸透しつつあり、2033年には市場規模が210億ドルに達すると予想されています。これは、より高性能のポリマー材料ポートフォリオの利用促進をするポリマープリンティングの技術革新に支えられています。ポリマー3Dプリンティングに関心の高い企業にとって、IDTechExの技術、市場分析は競合他社より優位に立つ上で役に立つものとなります。
続きを読む

3Dエレクトロニクス/積層エレクトロニクス 2022-2032年 

この IDTechEx レポートは個別のプリント基板を集積エレクトロニクスに置き換えて、スペース節約や軽量化を実現し複雑な製造を簡略化する技術を分析しています、これは三次元表面への電子機能付加、インモールドエレクトロニクス(IME)ならびに完全な3Dプリンテッドエレクトロニクスを網羅しています。また市場見通し、企業概要、対応レベル評価、事例研究および技術上の課題やビジネスチャンスの特定も盛り込まれており、新技術による3D/積層エレクトロニクスの動向に関する明確な全体像を提供しています。
続きを読む

医療・歯科産業における3Dプリント:2019~2029年 

当レポートは、医療および歯科産業での応用のために、医療機器および生体組織の3D印刷で使用されるツールと技術をまとめています。技術の現状、用途、成功事例研究、市場成長、推進力、抑制因子、収益傾向分析を示す分析結果が提供されます。3Dプリンティング医療機器と生体組織は、2029年までに材料、機器、ソフトウェアプロバイダーに81億ドルの市場機会を提供します。
続きを読む

3Dバイオプリンティング市場2018 - 2028:技術、市場、成長予測 

このレポートでは、3Dバイオプリンティングで使用される技術と、3Dバイオプリント組織の主な用途を取り上げ、再生医療の将来の用途に焦点を当てています。当レポートでは、3Dバイオプリンティングテクノロジーの利点、現在の推進要因、傾向、および課題について説明します。3Dバイオプリンティングは、2028年までに19億ドルの市場になると推定されています。
続きを読む

3Dプリンティングソフトウェア市場2018-2028年:技術および市場分析 

当レポートでは、3Dプリンティングソフトウェアの技術と主なアプリケーションについて説明し、オープンソースおよびアディティブマニュファクチャリングに使用される商用のコンピューター支援エンジニアリングおよび製造ソフトウェアの評価を行います。市場分析では、急速に拡大しつつある3D印刷ソフトウェア市場が2028年までに9億6,600万ドルの規模に成長すると予測します。
続きを読む

航空宇宙・防衛向け積層造形(AM)・軽量マテリアル (2018 - 2028年) 

航空宇宙は、他の輸送手段に比べて、トンキロあたりの二酸化炭素排出量が最も高くなっています。規制上の要求と経済的およびパフォーマンスの利点を組み合わせることで、重量を節約することが常に目標になります。当レポートでは、このセクターの主要な軽量化アプローチと、どのプレーヤーとテクノロジーが主な勝者と敗者であるかについて説明します。主な焦点は、先端的軽量材料と積層造形の台頭です。
続きを読む

カーボンナノチューブ 2022-2032年: 市場、技術、有力企業 

長年にわたり期待されてきた、ナノカーボンの本格的な市場導入が始まりそうです。CNTは数十年前から知られており、多くの商業的な期待があり、いくつかの並外れた特性を持っていますが、これまで主に特定の用途に限定され、市場での販売も比較的少なかったのです。IDTechEx はCNT 市場がエネルギー貯蔵の担い手として見直されることで2032年まで70 ktpaの年間需要を超過すると見込んでいます。この市場レポートは、メーカー、材料、プロセスの状況、アプリケーション、見通しを含め CNT 業界の包括的な概観を提供しています。
続きを読む

インモールドエレクトロニクス 2022年-2032年:技術、特許、市場予測、有力企業 

インモールドエレクトロニクスとは、成形・熱成形されたプラスチック部品に電子機能を埋め込むことができる技術です。IMEは、静電容量式タッチ、照明、さらにはハプティクスを統合し、最大70%の小型軽量化を実現した、曲面タッチセンシティブインターフェースの効率的な製造方法です。これらの利点を踏まえ、IDTechExはIMEが2032年までに15億ドルの市場となり、主に自動車や家電分野で応用されると予測しています。
続きを読む

エアロゲル 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

エアロゲルは100年近くその存在を知られているナノ多孔質材料の一種です。そこには複雑な歴史があり、21世紀になってようやく本格的な商用利用が開始しています。この市場はシリカエアロゲルブランケットが中心となっています。これは専ら石油・天然ガス業界において断熱材として利用されています。新たな有力企業が特に中国で事業を拡大し、EV バッテリーパックから建設業に至る新規用途が開拓されるなど活発な動きがあります。シリカ以外では、まだ商用化の初期段階にあるポリマーとカーボンのエアロゲルの分野が脚光を浴びており、これらは業界をまったく新しい方向に誘う潜在力を秘めています。このレポートはエアロゲル業界の主要技術、有力企業ならびに市場を網羅しています。IDTechEx は多年にわたりこの分野の調査を行っており、この新興市場に関するもっとも包括的で正確な情報をお届けします。
続きを読む

循環器障害 2020-2030年:トレンド、技術および見通し 

CVDの蔓延とそれが医療制度にもたらす重い経済的負担は、この病気に対処するための早急な打開策の必要性を物語っています。このレポートは、最新トレンドに焦点を当て、市場展望を分析し、将来の事業機会と課題に関する知見を提供するものです。新技術に対するその調査は、検知、モニタリングおよび治療の3つの分野に区分され、直近および将来の動向の詳細な分析を提供しています。
続きを読む

レーザーダイオード & ダイレクトダイオードレーザー (DDL) 市場の分析・予測:2019-2029年:技術、市場、成長予測 

新興の半導体レーザー技術は、産業用材料処理および光学センシング市場に革命をもたらします。IDTechExは、2029年までに世界のレーザーダイオードおよびダイレクトダイオードレーザー市場が139.85億ドルの規模に達すると予測しています。驚くべきことに、この期間中に光学センシングセグメントは1桁成長します。自動車およびエレクトロニクス産業は、レーザー製造、3Dセンシングおよびイメージング、LIDAR、および産業用マシンビジョンの進歩から大きな恩恵を受けます。
続きを読む

ファイバーレーザー市場2018-2028::技術・成長機会・市場・成長予測 

当レポートは、高度にイノベーティブなレーザー技術と、急速な成長を遂げているファイバーレーザー市場の取材結果を提供します。これらは、市場調査会社ではめったに調査されません。当レポートは、レーザー物理研究の技術的背景を持つアナリストによって作成されています。
続きを読む

組織光学市場2018-2028:年技術、市場、成長予測 

人工生体組織の市場は、2028年までに48億ドルを超えると予測されています。当レポートでは、3Dバイオプリンティングや3Dプリンティングなど、組織工学製品の製造に使用できる多くのテクノロジーの動向を網羅しています。さらに、このレポートでは、人工組織の重要な成長機会について分析し、再生医療市場について詳細に議論します。今日の組織工学のイノベーションは、間違いなく将来の医療の性質に大変革をもたらすでしょう
続きを読む

グラフェン市場&2D材料分析 2023-2033年 

グラフェンは長い間「驚異の材料」とされ、世界の多くの課題を解決してくれる材料と考えられてきました。現実は大きく異なり、すぐにインパクトが見られることはありませんでした。しかしながらこの業界は過去10年間で進化を重ね、注目の試みが受注に発展し、大幅な生産能力の拡大と価格低下が見られるようになり、転換期を迎えていることがわかります。グラフェン関連材料は粉末からウェハーまで幅広い製品群であり、本レポートはこうしたあらゆる形態を検証しています。比較調査、詳細な見通し、会社概要、生産能力/売上/P&Lがすべて盛り込まれています。IDTechEx はこの業界に深い知見があり、豊富な一次調査を活用して読者に対し、最も正確で最新の技術・市場情報を提供しています。グラフェンの他にも各種 2D 材料はユニークな特性と幅広い商用利用のポテンシャルを備えています。ほとんどすべてのものが開発のかなり初期段階にあります。IDTechEx は、特に窒化ホウ素、遷移金属ダイカルコゲナイド、MXene および Xene に着目し分析と見通しを提供しています。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300
アジア: +81 70 3152 1209