5G, 6G, RFID & IoT - IDTechEx 調査レポート

IDTechEx 調査レポート一覧

5G の熱管理 2022-2032年 

インフラと 5G 対応デバイスの継続的な普及拡大により 5G の展開は本格化しています。しかしながら、温度管理には多くの材料レベルの問題など多くの課題が残されています。このレポートは、5G アンテナのデザインと構成部品の進化を検証して半導体技術、関連するダイ接着材料、電源装置および熱伝導材料のトレンドを分析しています。これらのカテゴリーの現在の技術と新たな技術について2032年までのフォーキャストとともに解説しています。
続きを読む

RFID市場_見通し、有力企業およびビジネスチャンス 2022-2032年 

IDTechEx は RFID について20年以上にわたり調査を続けており、最新バージョンの RFID 市場調査レポート『RFID市場_見通し、有力企業およびビジネスチャンス 2022-2032年』をリリースしました。このレポートは弊社のノウハウに基づいて作成され、最新の RFID 動向トレンド、有力企業分析および市場展望を網羅しています。このレポートはRFID 技術、関連企業、利用事例検証および市場に関する客観的な評価を行い、現況および将来の可能性を含め、RFID セクター全体に関するユニークな知見を読者に提供しています。
続きを読む

5G技術、市場および見通し 2022-2032年 

IDTechEx は5G 関連トピックについて継続的に調査を続けています。最新バージョンの本レポートは、IDTechExのノウハウに基づいて作成され、最新 5G 動向、有力企業分析および市場の展望を網羅しています。このレポートの主な内容には、mmWave 技術の進捗、オープン無線アクセスネットワーク(オープン RAN)開発ならびに米国、中国、日本、韓国、ヨーロッパの5つの主要地域における 5G の状況や将来のロードマップに関する詳細な地域分析が含まれています。
続きを読む

メタマテリアルおよびメタサーフェスの市場 電磁波 2022-2042年 

この300ページにわたるレポートは、鮮明な最新の解説画像、表、グラフおよび写真により基本的な20年先見通し、ロードマップ、最新の戦略、市場、企業、技術評価を独特な形で提示しています。これは、新たな化合物、メタマテリアル、メタサーフェス、再プログラム可能なインテリジェントサーフェスを製造、統合または利用することを考える人を対象としています。市場のベストプラクティスとギャップを確認 - 組成、印刷、積層成形、都市での展開等。面倒な数式に依存せず。10億ドルの事業を生み出すパートナーと買収事案の認識。
続きを読む

5G スモールセル 2021-2031年: 技術、市場、見通し 

5G は超低レイテンシと高水準のデータスループットにより、完全にデジタル化され常時接続された世界への道を開きつつあります。しかし、5Gは高い周波数を使用するため、信号の伝搬距離が短いという課題があります。その結果、超高密度ネットワークを形成するために無数のスモールセルを展開することが不可欠となります。IDTechEx は長年にわたり 5G 関連のテーマを調査してきており、このレポート『5G スモールセル 2021-2031年: 技術、市場、見通し』は 5G スモールセル業界の主要技術、有力企業および市場を網羅し、弊社のノウハウに基づいて作成されたものです。これに加え、IDTechEx は 5G スモールセルが適用できる可能性の高い垂直市場を選択し、一連の詳細なケーススタディを提供します。
続きを読む

6G通信の再構成可能なインテリジェント・サーフェスのロードマップ、材料、市場 2021-2045年 

数十億ドルの再プログラム可能インテリジェント・サーフェス RIS があらゆる場所で導入された場合にのみ6G通信は数兆ドル規模のビジネスとなることができます。大量生産におけるコスト、実用性そして要素材料、技術および有力企業を分析としてご利用ください。2041年までの分野と金額的見通し、数十億ドルの市場機会について確認してください。それらがコストに見合う形でどのようにユーザーの便益を向上させることができるのかを理解してください。タイムライン、新規の解説画像、グラフおよび多くのイメージを確認してください。
続きを読む

6G通信市場、デバイス、材料 2021年~2041年 

6Gのためのデバイスと材料の機会は、5Gの10〜100倍になります。メタマテリアル、グラフェン、新規lll-V化合物、ポリマーなどについて理解することが要求されます。6G通信を開始させるために、2020年に10億ドルが投入されました。新しいハードウェアはソフトウェアと同様に重要です。資金調達は、2030年頃に広範囲な展開に向けて拡大されていくでしょう。デバイスと材料のサプライヤーとって重要な情報を網羅した調査レポートです。
続きを読む

5G 向け低誘電損失材料 2021-2031年 

5G の展開は全世界で急速に進んでおり、2030年までに7200億ドルの市場規模になることが見込まれています。5G ネットワークの最も革新的な部分は高周波数の 5G 技術にあります。ミリ波帯 5G 対応デバイスは基板とパッケージの双方のレベルにおける伝送損失を減らすため低誘電損失材料を採用することになります。これは低誘電損失材料の市場を生み出すことになり、その規模は2031年までに1億1000万ドルを超え、2026年から2031年まで28%の年平均成長率(CAGR)に達することとなります。
続きを読む

デジタル水道網 2020-2030年 

デジタル水道 2020-2030年は、水道および下水処理におけるセンサー市場および配水管市場を網羅。異なるタイプのセンサー、企業、戦略ならびに使用事例に関するこの包括的な概要は、デジタル水道業界に対する知見に富んだソリューションを提供する余地のあるものです。さらにこの情報は2030年までの今後10年間における市場の成長を予測するために利用されており、その規模は20億ドルを超えるものとなると予想されています。
続きを読む

音声、スピーチ、会話ベースのユーザーインターフェース 2019-2029年技術、主要企業、市場 

このレポートでは、スマートスピーカー/音声対応のユーザーインターフェイスを新しいデバイスやさまざまなアプリケーションに展開するトレンドを強調しています。音声対応のスマートスピーカー、マイクアレイ、MEMSスピーカー、音声SoC、音声認識、自然言語理解、音声合成など、ハードウェアとソフトウェアの両方の技術が導入されています。これらのテクノロジーは、自動車、医療、ホームオートメーション、教育などの膨大なアプリケーションを混乱させる可能性があります。スマートスピーカー/音声対応のユーザーインターフェイスは、新しいビジネスモデルと収益チャネルへの道を開き、私たちのライフスタイルを変える可能性を秘めています。2029年には、市場規模は155億ドルに達する可能性があります。
続きを読む

低消費電力無線ネットワークと 2019-2029年:世界市場の予測、技術、用途の分析 

低消費電力ワイドエリア無線ネットワーク(LPWAN)は複数の方法で開発されています。一方では、携帯電話ネットワークの拡張として低電力バージョンを追加している大規模な通信会社に対して、低電力で無認可の通信技術があります。多様なタイプを推進するさまざまな政府や地域で多くのタイプが利用可能です。
続きを読む

RFID(無線自動識別)センサ市場2018-2028年:成長予測、主要企業、成長機会 

一般的なRFID市場は過去数年間で大幅な成長を遂げており、一般市場への売り込みが成功し、RFIDタグの販売数が急増しています。ベンダーは現在、最先端のRFIDセンサを備えた関連技術を模索しています。これは、検知機能をサポートするように設計された新しいチップセットの貢献により実現されました。これにより、RFIDセンサーのコストを削減できます。さらに、RFIDセンサータグの読み取りに使用できるRFIDリーダーネットワークベースが増えています。さらに、印刷センサやフレキシブルバッテリーからバイオセンシングフィルムに至るまでの新技術は、満たされていないニーズを満たし、差別化をもたらします。
続きを読む

RFID(無線自動識別)のナレッジベースケーススタディ 

世界で最も包括的なRFIDケーススタディデータベース!
続きを読む

垂直農法 2022-2032年 

このレポートは、垂直農法に関連する技術と市場など、垂直農法業界を対象としています。IDTechExは自動化と照明システムなどの主要技術を取り上げ、これらがどのように業界の成功につながるかを明らかしています。作物の制限やラニングコストなど、直面する課題を詳細に分析しています。作物の選択や価格設定モデルの分析を含む主要企業の戦略やビジネスモデルについても取り上げています。
続きを読む

プリンテッドおよびフレキシブルセンサー 2022-2032年:技術、有力企業および市場 

プリンテッドセンサーは急激に成長しつつある技術であり、信号処理のコスト引き下げ、フレキシブル薄膜フォームファクターおよび広域・センシングを実現し、モノのインターネット化(IoT)、インダストリー 4.0、患者モニタリングなどの最新用途に最適なものとなっています。この市場調査レポートは、プリンテッド光検出器、ピエゾ抵抗素子やピエゾ電気の圧力センサー、ひずみセンサー、温度センサー、プリンテッド電極、バイオセンサーならびに静電容量式タッチセンサーの技術と用途を網羅しています。
続きを読む

ウェアラブル技術の市場見通し 2021-2031年 

このレポートは、IDTechEx による過去10年以上にわたるウェアラブル技術の市場ならびに技術調査の集大成と言えるものです。これには、スマートウォッチやフィットネストラッカー、AR、VR、MR、ヒアラブル、スマートウェアやe-テキスタイル、電子皮膚パッチ、その他多くの製品タイプを含む広範囲な分野の市場データとIDTechExアナリストによる最新分析および展望をまとめています。
続きを読む

E-テキスタイルおよびスマート衣料 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

このレポートは、E-テキスタイルの商用化に関する市場、技術および有力企業について解説しています。材料、コンポーネントおよび製造手法から4つの主要製品カテゴリーに至るまで、バリューチェーン全体を網羅しています。このレポートは、10以上の異なる市場分野を検証しており、224社の企業情報を含んでいます。このレポートでは、市場は2020年は5億ドル弱ですが、今後10年間で13億ドルを超える規模に成長すると予測しています。
続きを読む

電子皮膚パッチ 2021-2031年 

このレポートは、電子皮膚パッチの市場、技術および有力企業について解説しています。28の用途分野と130社を超える企業を網羅し、2010-2020年の過去の市場データと2021年から2031年の市場予測を含み、電子スキンパッチ分野に関して実施されたもっとも包括的な調査内容となっています。これには持続血糖モニタリング(CGM)、バイタルサインモニターなどのセクターや多くの関連分野を含め、2021年に年商100億ドルを超える多大なビジネス機会があることを明らかにしています。
続きを読む

熱伝導材料 (サーマルインターフェイスマテリアル)2021-2031年:技術、市場および市場機会 

熱伝導材料(TIM)は極めて幅広い種類のタイプとアプリケーションに利用されます。この調査レポートは、TIM の製造や進化に加え、各種の TIM タイプについての解説ならびにベンチマーク評価を行っています。またTIM の現在の活用状況、ならびに将来の主要用途と考えられている、電気自動車用バッテリー、4Gと5Gのインフラ、データセンター、LEDおよび消費家電などを網羅しています。これらのアプリケーションにおける2021年から2031年までのTIMの需要を面積とトン数で予測するために、利用ケースとマーケットインサイトを用いています。
続きを読む

ハプティクス 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

ハプティクスの技術は、スマートフォンやゲーム端末コントローラーから自動車や産業用機器に至るまで多くの馴染みのある製品で見られます。この市場を支える技術は過去5年間に大きく変容しています。数十年の歴史を持つ既存技術が主要な市場において置き換えられ、その他の先進技術が商用化に近づいています。この調査レポートは、多様で変化に富んだハプティクス業界の主要な市場と技術のすべてを分析評価しています。
続きを読む

ウエアラブルセンサー 2021-2031年 

このレポートは、今日のウェアラブルデバイスにおいて利用されているあらゆるタイプのセンサー技術に関する包括的な情報を提供しています。また、ウェアラブルのハードウェアに着目した10年に及ぶ調査に基づき、現在および将来の技術の選択肢、今日の各種センサーの商業的展望、ならびにそれぞれのタイプのセンサーや最終市場に従事する有力企業を網羅しています。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッドおよび薄膜電池 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

IDTechEx は2014年以来フレキシブル、薄膜型およびプリンテッドのバッテリーの技術、有力企業および市場動向を追跡してきました。このレポートは、詳細の技術分析、市場動向の紹介、市場分析、ビジネスチャンスおよび障壁に関する議論、有力企業の動向追跡を提供するとともに、技術別そして用途別に今後10年間の市場見通しを示しています。
続きを読む

フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス 2020-2030年:用途、課題、イノベーションおよび見通し 

この IDTechEx 調査レポートは、要素技術や課題の分析、30件以上に及ぶプロトタイプのケーススタディ、技術導入ロードマップならびに詳細な市場予測を含むフレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクスのすべての側面を網羅しています。FHE は既存の電子業界に異変をもたらし、最終的にユビキタス電子機器のビジョンを実現し、新規用途を生み出すことになります。このレポートに示されるトレンド、見通しおよびイノベーションの機会はこの変革に関するロードマップとなります。
続きを読む

ヒアラブル 2020年-2030年:技術、有力企業および見通し 

ヒアラブルとは、耳の中や上や周囲に装着するワイヤレス電子製品です。これらには、ヘッドホン、補聴器、人工内耳および関連する分野などの製品が含まれます。それらの用途には、消費家電や医療の分野を中心としたインフォテイメント、補聴および能力拡張、医療診断などが含まれています。このレポートは、ヒアラブル市場および技術的展望に関するもっとも包括的な分析を提供しています。
続きを読む

分子診断 2020-2030年 

分子診断は、技術の進歩(第3世代 DNA シークエンシング、デジタル PCR およびマイクロ流体デバイスなど)、医療現場の分子診断市場の拡大、ならびに実証済みの臨床的有用性を持つ遺伝子バイオマーカーの発見が相次いでいることに刺激され、医療業界においてもっとも急速な成長を遂げている市場の一つです。分子診断市場は2030年までに200億ドルに達すると予想されています。
続きを読む

LiDAR(ライダー)2020-2030年:技術、有力企業、市場および見通し 

IDTechEx は、ADAS と自動運転車の市場に特化したユニークな 3D LiDAR 技術を開発する106社の企業に関する包括的な分析を提供しています。弊社のインタビューに基づく企業の概要および略歴は106社の企業すべてを網羅するものです。見通しは6種の新たな LiDAR 技術および4種のタイプの自動車に区分されています。自動運転車用のグローバルな 3D LiDAR の市場は2030年までに54億ドルに拡大し、中でも MEMS LiDAR が最大の市場セグメントとして伸びています。
続きを読む

スマートパッケージング 2020-2030年 

この IDTechEx 調査レポートは一般消費財(FMCG)ブランドからのスマートパッケージングに対するフィードバック、これらを実現するテクノロジーの評価、スマート・パッケージングの事例研究、電子スマートパッケージングの有力企業と見通しにより、スマートでインテリジェントなパッケージングの事業機会を網羅しています。アクティブパッケージング技術のオプションや化学的インジケータについても検証しています。この分析は、中国におけるQRコードの台頭の評価から4000億ドルを超えるパッケージング業界の革新的な変貌を可能としている新規の半導体とその他のコンポーネントに基づく最新の電子スマートラベルに至るまでグローバルな観点で実施されています。また率直な課題の評価と失敗から得た教訓も盛り込まれています。この詳細にわたる調査レポートの全容をご確認ください。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300