エナジーハーベスト & オフグリッド - IDTechEx 調査レポート

IDTechEx 調査レポート一覧

薄膜&フレキシブル太陽電池 2023-2033年 

太陽電池技術の未来はシリコンをはるかに超えて「薄膜」と呼ばれる特定のクラスに属する数多くの代替材料に広がっています。これらの材料は、高効率の屋内エナジーハーベスティング、製造の簡略化、従来のシリコン製 PV よりも潜在的な低コストの可能性など、ユニークな利点をもたらします。特に家庭や店舗の電子機器のスマート化が進み、急速に市場が拡大しているモノのインターネット(Internet of Things)機器に電力を供給する役割を期待されています。
続きを読む

ペロブスカイト太陽電池 2023-2033年 

ペロブスカイト太陽電池はすでに顕著な効率を実証しており、低コスト、薄膜構造、調節可能な光吸収性により新たな用途が可能となっています。この IDTechEx の調査レポートは、ペロブスカイト太陽電池の適合性とビジネスチャンス、イノベーションの余地や参入障壁を検証しています。また安定性に関する主な課題の解決法、製造方法、特殊材料の要件も分析しています。
続きを読む

鉱業の電化: 輸送機器、発電、転用 2022-2042年 

IDTechEx レポート『鉱業の電化: 輸送機器、発電、転用 2022-2042年』は、実際に何が起こっているのかを確認することができるよう、20年先のこれらの注目度の低い分野に着目している点がユニークです。このビジネス目線の310ページに及ぶ分析により、市場における多くのサプライズやギャップを明らかにしています。これらはマルチリンガル博士号レベルの IDTechEx のアナリストによる全世界での数年に及ぶ調査に基づいたものです。
続きを読む

熱電エナジーハーベスティングと熱利用の他の排気ゼロ電力 2022-2042年 

これは熱電気ハーベスティングのビジネスチャンス、一連の研究および必要となる優先順位に関する初の20年先の展望となります。材料から製品統合に至る100社を超える対象企業の活動状況を確認できます。ハードル、賢明な取り組み、代替技術についての知見が得られます。2022-2042年の見通し 。博士号レベルの多言語話者の分析による27種の結論。代替技術、2021年に登場した2つの新技術。実業家のニーズ?数十億ドルの成果が見込めるにもかかわらず、それは現在の研究の優先順位に沿ったものではないと IDTechEx が結論付ける理由
続きを読む

電池不要のエレクトロニクス: 市場のインパクト、IoT、6G、ヘルスケア、ウェアラブル 2021-2041年 

電池不要の IoT、インプラント、ウェアラブル、スマートビルディングを理解することによりデバイスやバッテリー代替技術の売り上げを伸ばしてください。6G通信ワイヤレス情報やワイヤレス情報伝送・給電(WIET)から、摩擦帯電、擬似コンデンサ、電子スキン・バイオ燃料電池そしてストレージ付きのプラスチックフィルムによる機能一括マルチモーダル・ハーベスティングに至る新たな要素技術の波に乗り遅れないように。こうした一連の研究の成果がバッテリーレス携帯電話、スマートウォッチ、ボディエリアネットワークそして2041年の1,210億ドルの市場をもたらすのかをご確認ください。
続きを読む

ディーゼル発電機セットの将来展望と代替技術 2019-2029年 

ディーゼル発電機の将来の役割、その使用が増え続けるか、再生可能エネルギー技術に置き換えられるかについての洞察を提供します。利用可能な代替の再生可能エネルギー生成および貯蔵技術の完全な分析を提供します。
続きを読む

スマートガラス・ウィンドウ市場 (2018 - 2028年):電子シェードおよび半透過型PV 

スマートガラスは、主に自動車用、建築用、航空電子工学用の窓で使用される電気活性ガラスであり、需要は10年間で11億ドルに成長しています。通常、物理的なブラインドの代わりに電子シェーディング、または電気を局所で生成するための半透明のPVウィンドウ用です。技術と市場をカバーする唯一の包括的なレポートとして、ビルや車両の設計者、売り手、ユーザーを含むバリューチェーンのすべてを支援します。
続きを読む

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)市場 2023-2043年 

このレポートは、二酸化炭素回収、有効利用、貯留(CCUS)の市場概要を提供し、業界の進歩、ビジネスモデル、環境・規制の側面を検証し、成長の課題とビジネスチャンスを特定しています。これにはCCUS市場の12カテゴリーの包括的20年間市場予測、1972年に遡るCCUSプロジェクトの実績データ、37件のインタビューに基づく企業プロファイル、技術ベンチマークを盛り込み、CCUSの状況を明確に把握することができます。
続きを読む

定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー 2023-2033年 

定置型エネルギー貯蔵のためのバッテリー需要は、世界的に電力網に追加される再生可能エネルギー資源の増加に伴い、また再生可能エネルギー発電とエネルギー貯蔵に関する目標達成のための政府や州からの圧力により、成長すると見られています。このIDTechExの市場調査レポートには、市場予測、有力企業分析、技術トレンドと用途、収益源となるビジネスモデルや設備取付の上位国地域分析が盛り込まれています。
続きを読む

プロトン交換膜(PEM)燃料電池の材料 2023-2033年 

プロトン交換膜(PEM)燃料電池の材料需要は燃料電池自動車(FCEV)市場の成長に連動して拡大する見通しです。このIDTechEx調査レポートには、バイポーラプレート(BPP)、ガス拡散層(GDL)、触媒層付き膜(CCM)、膜電極接合体(MEA)、アイオノマーとプラチナム触媒を含むPEM燃料電池構成部材の市場予測、ベンチマーク比較調査、有力企業分析、技術トレンドと最新動向が盛り込まれています。
続きを読む

二酸化炭素除去(CDR)市場 2023-2040年: 技術、有力企業、予測 

このIDTechExレポートでは、CO₂を大気から回収する工学的および自然プロセスによるネガティブエミッション技術(NETs)を網羅した二酸化炭素除去(CDR)ソリューション市場概要を紹介しています。またCDR普及の課題やビジネスチャンスを特定し、初期段階にある全世界のCDR業界の技術的進歩、ビジネスモデルと環境的側面について検証しています。CDRの展望の明確な全体像を把握するための市場予測、企業概要と各種分析も盛り込まれています。
続きを読む

二酸化炭素(CO2)有効利用 2022-2042年: 技術、市場予測、有力企業 

このレポートは、原油増進回収、建設資材、燃料(合成燃料およびパワーツーガス)、ポリマー(ポリオール、ポリカーボネート、ポリオレフィン)、化学物質(アルコール、オレフィン、芳香族化合物、合成ガス)を含む廃棄二酸化炭素(CO2)の活用ならびに生物学的生産量(温室作物、藻および発酵)の増大に関する市場の概要を提供しています。このレポートは、全世界における人為的な CO2 有効利用の技術、環境および経済的な側面を検証し、この新しい産業の発展における主な課題とビジネスチャンスを特定しています。
続きを読む

熱電冷却、加熱、ハーベスティング: 90社の企業分析、市場、ロードマップ 2022-2042年 

熱電気冷却、加熱およびハーベスティングが現在は部分的な成功に留まり、もっと後で完全な成功を遂げる理由を学んでください進化する最適な材料、パラメーター、デザイン、用途、技術および戦略に加え90社の企業比較、市場リーダー、成功要因、失敗、会社の意図および市場全体見通し2022-2042年を提供。包括的なバリューチェーンと低出力から高出力のシステムのサプライヤーの分析を盛り込んだ重厚な300ページ資料。エンドユーザー向け市場が勃興しています。必要なものは何か。何を注視すべきか。マルチリンガルで博士号レベルの IDTechEx アナリストによる数年に及ぶ調査に基づいています
続きを読む

6G通信市場、デバイス、材料 2021年~2041年 

6Gのためのデバイスと材料の機会は、5Gの10〜100倍になります。メタマテリアル、グラフェン、新規lll-V化合物、ポリマーなどについて理解することが要求されます。6G通信を開始させるために、2020年に10億ドルが投入されました。新しいハードウェアはソフトウェアと同様に重要です。資金調達は、2030年頃に広範囲な展開に向けて拡大されていくでしょう。デバイスと材料のサプライヤーとって重要な情報を網羅した調査レポートです。
続きを読む

プリンテッド・フレキシブル エレクトロニクス材料 2021-2031年: 技術、用途、市場見通し 

既に折り畳み式スマートフォンに利用されているプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスは、医療機器からスマートパッケージングそして電子テキスタイルから消費者向け製品に至る用途に幅広く採用されていくことが見込まれています。この技術の変遷は、特に新たな OLED エミッタ、無粒子構造の導電性インクおよび導電性接着剤を含む革新的な材料を対象とする多大な市場機会をもたらします。この IDTechEx レポートは、すべての関連材料を網羅した市場見通し、インタビューに基づいた詳細な企業概要、事例検証および技術ロードマップを盛り込んでいます。弊社の包括的な概要と分析により、読者はプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスへのこの技術の移行がもたらす機会を理解し利用することができるようになるはずです。
続きを読む

エレクトロニクス リシェイプ 2020-2040年 

テープ、フィルム、医療用、ウェアラブル、建物などのペイントを含めスマートマテリアルとなる数十億ドルの電子電気機器のビジネスチャンスを分析します。2020年に大半が実施された調査では、2020年-2040年の商用化ロードマップ、勝ち組と負け組みを分析しています。ユーザーはこれを切断、変形、伸縮またはスプレーにより形状を形成します。発光や発電と貯蔵などの一定の機能。これは、新規市場創出と同時に従来の電子機器生産を迂回することになります。
続きを読む

水素エネルギー社会、燃料電池および水素製造方法 

このレポートは、エネルギー担体としての水素の現在の状況ならびに将来の発展に関する実情を読者に提供しながら、水素エネルギー社会に関する明確かつ客観的な全体像を伝えています。異なる燃料電池と電気分解装置の包括的な情報により、化学原理、関係する素材、技術的限界そして市場の主な有力企業を含めそれぞれの技術の将来のビジネスチャンスについて読者は把握することができます。
続きを読む

電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年 

新規 IDTechEx レポート「電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年」は海運業分野の電化における課題と成長を克明に記しています。レジャーボートは販売量で最大の市場ですが、深海分野が最大の市場価値と最大のバッテリー需要を持つものとなることが判明しています。
続きを読む

電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年 

2030年までに、電気自動車用の再生バッテリー容量は年間275GWhを超え、自動車およびエネルギー貯蔵分野の企業に大きなチャンスをもたらすと考えられます。当レポートでは、再生バッテリーバリューチェーン全体の主要技術、主要企業、市場機会の包括的かつ詳細な分析を提供します。本市場調査調査レポートから得られる分析は、企業が再生バッテリーから得られる、ビジネスチャンスを適切に捉えることに役立ちます。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300
アジア: +81 70 3152 1209