エナジーハーベスト & オフグリッド - IDTechEx Reports and Subscriptions

This is the IDTechEx master report for off grid technology

分散型電源:オフグリッド排気ゼロのキロワットからメガワット発電まで 2020-2040年

排気ゼロのマイクログリッドの活気に満ちた市場は工業、商業および国防の用途に応えるキロワットからメガワットの電力に対応しています。新たな水力、太陽光、風力の技術は多くの家庭において ZE バッテリー・マイクログリッドの導入を促進するものであり、これに船舶やスマートロードの発電が続くことになります。素材、コンポーネント、システム、ソフトウェアの目覚しい市場機会を生み出しながら3,500億ドルという巨大な市場が形成されつつあります。80点の最新の解説画像とグラフを掲載するこの230ページのレポートだけが2020年から2040年のあらゆる動向をくまなく分析・予測しています。
続きを読む
This is the energy harvesting overview report with detailed forecasts

マイクロワットからギガワット_エナジーハーベスティング:市場機会 2020-2040年

エナジーハーベスティングは、周囲の環境にあるエネルギーを必要な場所で電気に変換します。この調査レポートは、最近開発されたものを含め、変換技術に焦点をあて、電力全体を網羅しています。大規模な新興材料の機会と、緊急のニーズに対するソリューションをご紹介します。
続きを読む

熱電エナジーハーベスティングと熱利用の他の排気ゼロ電力 2022-2042年 

これは熱電気ハーベスティングのビジネスチャンス、一連の研究および必要となる優先順位に関する初の20年先の展望となります。材料から製品統合に至る100社を超える対象企業の活動状況を確認できます。ハードル、賢明な取り組み、代替技術についての知見が得られます。2022-2042年の見通し 。博士号レベルの多言語話者の分析による27種の結論。代替技術、2021年に登場した2つの新技術。実業家のニーズ?数十億ドルの成果が見込めるにもかかわらず、それは現在の研究の優先順位に沿ったものではないと IDTechEx が結論付ける理由
続きを読む

電池不要のエレクトロニクス: 市場のインパクト、IoT、6G、ヘルスケア、ウェアラブル 2021-2041年 

電池不要の IoT、インプラント、ウェアラブル、スマートビルディングを理解することによりデバイスやバッテリー代替技術の売り上げを伸ばしてください。6G通信ワイヤレス情報やワイヤレス情報伝送・給電(WIET)から、摩擦帯電、擬似コンデンサ、電子スキン・バイオ燃料電池そしてストレージ付きのプラスチックフィルムによる機能一括マルチモーダル・ハーベスティングに至る新たな要素技術の波に乗り遅れないように。こうした一連の研究の成果がバッテリーレス携帯電話、スマートウォッチ、ボディエリアネットワークそして2041年の1,210億ドルの市場をもたらすのかをご確認ください。
続きを読む

スマートシティ市場 2021-2041年: エネルギー、食品、水、素材、交通の見通し 

スマートシティは、都市の情報通信技術の普及をはるかにしのぐ機会を用意した極めて野心的なものになってきています。新たな多機能素材、センサー、車両および建築技術の30件以上の20年先の見通しをご覧ください。対象となるエネルギー、水と食品の自立化技術およびインフラ撤去を把握してください。5,000億ドルの自給自足シティが現在では砂漠や外洋でも計画されています。有力企業地域動向この膨張する市場において投資機会を見い出してください。
続きを読む

スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年 

IDTechExの調査レポート「スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年」は、用途別および地域別の20年に及ぶ市場価値の見通しを提供しています。80社のメーカーすべての比較。3つの大きなブレークスルーがもたらすビジネス上のインパクトや用途を徹底して掘り下げています。20年に及ぶPhDレベルのグローバルな追跡調査、とりわけ2020年の調査に基づいています。
続きを読む

先進太陽電池向けの材料機会 2020-2040年 

IDTechEx レポート「先進太陽電池向けの材料機会 2020-2040年」だけが20年先の新しい太陽電池材料のグローバルで最新かつ事実に基づく分析を提供しています。これはマルチリンガルで PhD レベルの IDTechEx アナリストが世界中で実施したインタビューに基づいています。2040年までに先進太陽電池向け(PV)の材料の売上は400億ドル近いものになります。かなりの高価格で取引される特殊な材料に多くのビジネスチャンスが期待されます。
続きを読む

電子デバイスのためのエナジーハーベスティング 2020-2040年 

この調査レポートは、絶好のタイミングで発行しました。ちょうど世界最初の電源内蔵式スマートウォッチが発表されたばかりです。これらは全機能搭載型ではありませんが、すでにその領域に達しつつあります。それから、IoTノード、医療インプラントおよびウェアラブルにおいて多数のハーベスターが登場しています。これは20年に及ぶ技術と市場の予測、市場ニッチと組み合わせたニーズ、技術に関する唯一の包括的分析と言えるものです。
続きを読む

ゼロエミッション電気自動車の充電:オフグリッド2020-2040 

市場の推進要因、100以上の組織のベストプラクティス、ボックス内マイクログリッド、分散型マイクログリッド、マイクログリッドとしての車両を学びます。外部ゼロエミッション、オフグリッドZEOG充電では、この大局的なアプローチが効果をもたらし、ほとんど調査されていないセクターにおける巨大市場が明らかになっています。たとえば、シティアパートメントに住むほとんどの人と共に、IDTechExは最初の大きな機会は車ではなくオフロードの産業車両であると考えています。後には、自動車を充電するソーラーハウスの巨大市場を含む多くのものが他にも見つかっています。
続きを読む

摩擦帯電ハーベスティングおよびセンシング(TENG) 2020-2040年 

この新たな摩擦帯電技術は、集団感染、大気汚染やセンサーなどの大きな問題に対処し、10億ドル規模の事業価値創出の可能性を秘めています。これはすでに有害物質を本格的にフィルタリングする電源内蔵式の静電気帯電防止フェイスマスクの売上に貢献しています。これは必要な場所で発電し、状況発信する電源内蔵式センサーやアクチュエーターを生み出すことになります。バッテリー依存低下そしてバッテリー無用の世界が到来しているのです。
続きを読む

圧電型ハーベスティング・センシング:2019-2039年 

圧電型ハーベスティングとセンシングは圧電事業の7%でしたが、圧電道路に新たに投資された数百万ドルとIOT、スマートシティヘルスケアなどのセンシングの再発明により、10億ドル以上の新しい圧電市場が生まれる可能性があります。特許出願、印刷、フレキシブルフィルム、コーティングなどの新しい素材とフォーマットが大幅に増えています。当レポートは、グローバルなインタビュー、次世代テクノロジー、市場を含むすべてを独自にまとめています。
続きを読む

ゼロエミッション可搬型発電機セット 2019-2039年 

モバイルゼロエミッション発電機の100億ドルの市場が現れています。当レポートのみが、新しい船舶、航空、その他の機会とディーゼル発電機の交換をどのように受け入れているかを示しています。最新風力、潮流、太陽バージョン発電の販売がすでにどのように関係しているかを学び、包括的な新しい予測とインフォグラムを使用します。
続きを読む

ディーゼル発電機セットの将来展望と代替技術 2019-2029年 

ディーゼル発電機の将来の役割、その使用が増え続けるか、再生可能エネルギー技術に置き換えられるかについての洞察を提供します。利用可能な代替の再生可能エネルギー生成および貯蔵技術の完全な分析を提供します。
続きを読む

空中風力発電 (AWE):2019-2039年 

AWEは新世代のゼロエミッションジェネレーターです。モバイルでインフラストラクチャはありません。2018年には、(i)主に規模を追求するエンジニアリング主導のプロジェクトおよび(ii)愛好家のシステムによる控えめな販売から、はるかに有望なものへと移行しました。その実質的な内容は 30-100kWシステムの主要な業界への最初の販売です。ニッチマーケティングでは10億ドルの売り上げへの道が約束されています。裕福で忍耐強い企業は、風力発電所で巨人へと成長する可能性も秘めています。開発者の計画、技術ロードマップをご覧ください。
続きを読む

波力・潮力・水力発電 (1W - 10MW):2018 - 2038年 

水力発電用の貯水池やダムの問題はさておき、貯水池やダム以外の水流を利用した発電は、2038年に660億ドル規模の市場になると予想されています。多くの技術的突破口によって生み出された解放水域を利用して発電の大きな成長機会に注目が集まっています。波力発電会社は最大10MWのシステムの販売に成功し、集中的なマーケティングにより潜在的な注文の巨大なパイプラインの構築に成功しています。潮力発電の開発者は、大量のグリッド電力を実証しており、一部の企業は、数十億ドル規模のビジネスを生み出す手頃な価格の再導入可能なシステムのニーズをターゲットにしています。
続きを読む

脱塩:オフグリッドゼロエミッション 市場2018-2028年 

海面上昇:淡水源が枯渇します。地球温暖化や大気汚染源となるガスを使用せず、オフグリッドの動機による海水淡水化への取り組みが進んでいることは、より手頃な価格で安全で広く展開されていることを意味します。オフグリッドのゼロエミッション淡水化は2028年に350億ドルに跳ね上がると予測されています。詳細な新しいインフォグラムで満たされたこの180ページのレポートは、海水の淡水化とその将来の技術ロードマップを分析し、2028年に急成長する350億ドルの市場を予測分析しています。グリッド電気技術と脱塩技術による新しいゼロエミッションによって約束されるコスト削減と汎用性を明らかにします。
続きを読む

陸上、水中および空中向けエネルギー自立型電動車両 (EIV)市場 2018-2038年 

IDTechExは、エネルギー独立電気自動車の巨大な投資の可能性と市場機会を最初に明らかにしました:燃料を補給したり、充電のためのプラグなどは、もはや必要ありません。これらは、静的なマイクログリッドと多くの共通点を持つモバイルのゼロエミッションマイクログリッドです。EIEVの採用に最適なセクターが予測されています。インフォグラムと表は、それを実現するために必要な極端な環境発電(エネルギーハーベスティング)と高効率パワートレインなどの新しい技術を明確にします。主要企業、トライアル、プラン、イネーブラーが最新のグローバル情報から分析されます。技術と製品の発売ロードマップが提示されます。
続きを読む

エレクトリカルスマートロード市場:2018-2028年 

道路とその周辺では、自動除氷、除雪、電気自動車の充電、インタラクティブ照明、構造ヘルスモニタリングなどを駆動する大量の電力が生成されます。その結果、安全性、速度、節約、大気と水質の改善の強化を目指す1,000億ドルの新規ビジネスが実現します。当レポートでは、テクノロジー、主要企業、成長機会を対象とし、10年先の予測と20年先のロードマッピングを詳しく考察します。
続きを読む

自己出力型スマートシティの展望:2018-2028年 

都市は、大気汚染源となるバックアップ電力から、バックアップとしてのみ高価で錆びついた不安定な国内グリッドを使用するようになり、電力の太陽、風、水を活用した独立した電力エネルギー源の確保を目指します。10MWのソーラー駐車場と充電器、ソーラーウィンドウと道路、道路と経路の動き、空中風力エネルギーなどのすべてを綿密に評価、比較、成長予測し、明快な新しい情報グラム、ロードマップ、PhDレベルアナリストによる予測など、2050年までの全体像を学びます。
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む

ペロブスカイト太陽光発電市場2018-2028年 

このレポートでは、技術の観点とビジネスの観点の両方で、ペロブスカイト太陽電池の状態について詳しく紹介しています。テクノロジーベンチマークと市場分析は、ユーティリティ、BIPV、スマートウィンドウ、屋外家具などの多くのアプリケーションにおけるペロブスカイト太陽電池の可能性を分析するために実行されます。2028年までに、市場は5億ドルを超えると予想されます。
続きを読む

スマートガラス・ウィンドウ市場 (2018 - 2028年):電子シェードおよび半透過型PV 

スマートガラスは、主に自動車用、建築用、航空電子工学用の窓で使用される電気活性ガラスであり、需要は10年間で11億ドルに成長しています。通常、物理的なブラインドの代わりに電子シェーディング、または電気を局所で生成するための半透明のPVウィンドウ用です。技術と市場をカバーする唯一の包括的なレポートとして、ビルや車両の設計者、売り手、ユーザーを含むバリューチェーンのすべてを支援します。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

Thermoelectric Cooling, Heating, Harvesting: 90 Companies Appraised, Market, Roadmap 2022-2042 

Learn why thermoelectric cooling, heating and harvesting is partly success now, partly later. Evolving optimal materials, parameters, designs, applications, technology and strategy with 90 company comparison, market-leaders, success factors, mistakes, company intentions and overall market forecasts 2022-2042. 300 pages with complete value chain and low- to high-power systems suppliers analysed. End-user markets emerging. What is required. Who to watch. Based on years of investigation by multi-lingual, PhD-level IDTechEx analysts
続きを読む

走行距離1000マイル(1600km)の二次電池式電気自動車 2021-2041年 

実効走行距離を半分とすることができ、誰もが路上で充電することの煩雑さを嫌っていることから長距離走行自動車は大きな魅力となります。このレポートは、長距離走行車がどのように太陽光パネル搭載の車体、軽量化、簡素化、新規部品や進化したバッテリー用ハードウェアとソフトウェアにとって大きなビジネスチャンスを生み出すことなっていくのかを分析しています。世界最初の販売実績と2021-2041年の技術ロードマップをご確認ください。例えば、2027年には650マイル(1000km超)の走行距離を実現できない特別な自動車は敬遠されることになります。
続きを読む

バッテリー不要の定置型エネルギー貯蔵: グリッド、マイクログリッド、UPS、トラックサイド2021-2041年 

最新の定置型エネルギー貯蔵装置は、リチウムイオン・バッテリーおよび揚水式発電だけでなく高速充電・放電機能および6カ月間の季節太陽熱貯蔵機能も提供しています。最新の重力、空気、水素、熱、電気二重層コンデンサおよびフライホイール定置型貯蔵は、スマートシティ用のバッテリーを含む最新のバッテリーと比較されます。主流のリチウムイオン系を価格面とパフォーマンスの点で凌駕。勝ち組、負け組み、20年先のロードマップ、新たな数十億ドルのビジネスの見通し。ニッチ市場。これですべてを理解することができます。
続きを読む

有人電動航空機: スマートシティおよび地域 2021-2041年 

ゼロエミッション航空機の凄まじい伸びは2041年に従来型と垂直型の離陸・着陸機で均等な割合であるもののその間はかなり異なる状態で推移することを理解してください。現在の最大100席までの航空機メーカーが新規参入組に対し極めて脆弱である理由は何でしょうか?もっとも破壊的な技術と開発企業はどこでしょうか?バッテリーが勝者となるものの燃料電池にも居場所がある理由を理解してください。ハイブリッドと改造の好機、ベストプラクティス、限界および詳細な見通し。
続きを読む

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)2021-2040年 

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)は、排気ガスや直接大気から二酸化炭素を取り出し、恒久的に地下に貯留するか再利用する一連の技術のことをいいます。このレポートは、世界のCCUSの将来を形成することになる技術的・経済的要因を検証し、業界の成長における主な課題や市場機会を特定しています。
続きを読む

ソーラーカー 2021-2041年 第二版 

最優秀の陸上・水域・空域用太陽光輸送機器、勝ち組企業、技術
続きを読む

6G通信市場、デバイス、材料 2021年~2041年 

6Gのためのデバイスと材料の機会は、5Gの10〜100倍になります。メタマテリアル、グラフェン、新規lll-V化合物、ポリマーなどについて理解することが要求されます。6G通信を開始させるために、2020年に10億ドルが投入されました。新しいハードウェアはソフトウェアと同様に重要です。資金調達は、2030年頃に広範囲な展開に向けて拡大されていくでしょう。デバイスと材料のサプライヤーとって重要な情報を網羅した調査レポートです。
続きを読む

透明エレクトロニクス材料の市場 2021-2041年 

建物の窓、グリーンハウス、鉄道用としての透明エレクトロニクスの200億ドルの新市場を想像してください。これにはワンタッチだけで発電や暗化を実行する電気自動車の天窓が含まれます。スマートウォッチのガラス、レーダー内蔵ヘッドライト、OLED とマイクロ LED イメージが「空間に漂う」ことによるシースルー型ビルボードを想起してみてください。コンフォーマル被膜を不可視回路、センサー、ヒーター、アンテナとして追加。材料、5G 通信と 6G 通信がこれに関係し、透明な太陽光発電層がシリコン製送電技術を加速しています。
続きを読む

定置型エネルギー貯蔵向けバッテリー 2021-2031年 

この調査レポートでは、バッテリー貯蔵システム市場の詳細な分析を通じて、主要バッテリーと関連する化学物質、さらに地域レベルの深い分析を提示します。 読者はバッテリーの定置型エネルギー貯蔵に関する詳しい知識が得られるほか、FTMとBTMセグメントに関して最も有望な国はどこなのかを理解することができます。 最後に、市場分析のための定置型エネルギー貯蔵電池市場の主力企業解説を提供します。
続きを読む

スマートシティの先進材料市場 2021-2041年 

スマートシティへの投資額は数兆ドルに膨らんでいます。先端材料は需要が年間4,000億ドル前後に達する重要なものです。「いたるところで太陽光発電」だけでも350億ドル前後の規模となり、多くの新規素材がこれに関わってきます。この探求にはエネルギー、食品および水の自給自足そして一つの車両の10種代替が含まれます。3Dプリンテッド・ビルから6G通信、自己修復およびさざ波発電に至る材料の課題の解消により数十億ドルの新規事業が生み出されることになります。
続きを読む

プリンテッド・フレキシブル エレクトロニクス材料 2021-2031年: 技術、用途、市場見通し 

既に折り畳み式スマートフォンに利用されているプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスは、医療機器からスマートパッケージングそして電子テキスタイルから消費者向け製品に至る用途に幅広く採用されていくことが見込まれています。この技術の変遷は、特に新たな OLED エミッタ、無粒子構造の導電性インクおよび導電性接着剤を含む革新的な材料を対象とする多大な市場機会をもたらします。この IDTechEx レポートは、すべての関連材料を網羅した市場見通し、インタビューに基づいた詳細な企業概要、事例検証および技術ロードマップを盛り込んでいます。弊社の包括的な概要と分析により、読者はプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスへのこの技術の移行がもたらす機会を理解し利用することができるようになるはずです。
続きを読む

潜在的な定置型エネルギー貯蔵技術 

2020-2030年の期間に年平均成長率(CAGR)83%を実現する力学的エネルギー貯蔵装置は、電力系統の安定のための必須技術となります。IDTechEx は2030年に17億ドルの市場価値を見込んでいます。
続きを読む

先進的な電気自動車 2020-2040年 

新型コロナウイルス感染拡大の中、最新の IDTechEx レポート『先進的な電気自動車 2020-2040年』は世界の電気自動車業界に関する地域別詳細ならびに2040年までの長期見通しを付した包括的分析を提供しています。またこれはリチウムイオン・バッテリーと電動トラクションモーターから自動運転車の技術に至る移行を可能とする要素技術の詳細な分析も提供しています。
続きを読む

エレクトロニクス リシェイプ 2020-2040年 

テープ、フィルム、医療用、ウェアラブル、建物などのペイントを含めスマートマテリアルとなる数十億ドルの電子電気機器のビジネスチャンスを分析します。2020年に大半が実施された調査では、2020年-2040年の商用化ロードマップ、勝ち組と負け組みを分析しています。ユーザーはこれを切断、変形、伸縮またはスプレーにより形状を形成します。発光や発電と貯蔵などの一定の機能。これは、新規市場創出と同時に従来の電子機器生産を迂回することになります。
続きを読む

水素エネルギー社会、燃料電池および水素製造方法 

このレポートは、エネルギー担体としての水素の現在の状況ならびに将来の発展に関する実情を読者に提供しながら、水素エネルギー社会に関する明確かつ客観的な全体像を伝えています。異なる燃料電池と電気分解装置の包括的な情報により、化学原理、関係する素材、技術的限界そして市場の主な有力企業を含めそれぞれの技術の将来のビジネスチャンスについて読者は把握することができます。
続きを読む

スーパーキャパシタ材料およびフォーマット 2020-2040年 

スーパーキャパシタ、バッテリー・電気二重層コンデンサ・ハイブリッド、さらに擬似コンデンサをも対象とするグラフェン、カーボンナノチューブ、金属有機構造体、イオン液体等のそれぞれの新規ビジネスチャンスに焦点を当てた複数の章。自動車、ウェアラブルおよび医療のためのこれらの新たな起爆剤となる部品についてご確認ください。これらのフレキシブル、伸縮性そして荷重支持のスマートマテリアル、一定の多機能、構造用エレクトロニクスそしてバッテリー除去機能、生体適合性、生分解性、移植性、伸縮性素材についてご確認ください。あるものは所定のサイズに合わせて切断するスマート原料であり、そうした後でも依然稼動します。見通し、最高の調査結果。
続きを読む

電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年 

新規 IDTechEx レポート「電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年」は海運業分野の電化における課題と成長を克明に記しています。レジャーボートは販売量で最大の市場ですが、深海分野が最大の市場価値と最大のバッテリー需要を持つものとなることが判明しています。
続きを読む

2020-2030年の農業における電気自動車とロボティクス 

農業、林業、芝生管理に関するハイブリッド自動車および純電気自動車そしてロボティクスならびにそれらのゼロエミッション充電マイクログリッドについてご確認ください。陸上車の優先順位は高いものですがドローンや養殖の分野も網羅しています。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略、自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。網羅的な最新例。2020年-2030年の技術や将来の成果に関する数値や金額の詳細な見通しをご確認ください。
続きを読む

建設・農業・鉱業における電気自動車 2020-2030年 

建設・農業・鉱業用のハイブリッド自動車や純電気自動車ならびにマイクログリッド充電の把握、最大の事業機会を持つ地上作業車に着目。ニーズ、課題、有力企業、用途、戦略および自動運転を含む主な要素技術の徹底調査。企業および車両別の包括的な多数の最新事例。2040年には2,000億ドルという巨大市場に?19項目にわたる数値・金額の予測、2020年~2030年の技術と実現の時間軸をご確認ください。これほど密着したレポートは他にはありません。
続きを読む

構造用エレクトロニクスおけるスマートマテリアルのビジネスチャンス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子、電気、オプトロニクスを組み合わせた2000億ドルの事業機会の見通しのある新素材を検証しています。モノリシック・フレキシブルフォン。バイオニック人間。充電不要の太陽光電気自動車。一つのオプションはインモールド・エレクトロニクスであり、電気的に多機能の単一部品を成形することにより自動車部品を95%削減します。各章は道路、建物、窓用の旧式の荷重支持構造の代替物について詳述しています。
続きを読む

電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年 

2030年までに、電気自動車用の再生バッテリー容量は年間275GWhを超え、自動車およびエネルギー貯蔵分野の企業に大きなチャンスをもたらすと考えられます。当レポートでは、再生バッテリーバリューチェーン全体の主要技術、主要企業、市場機会の包括的かつ詳細な分析を提供します。本市場調査調査レポートから得られる分析は、企業が再生バッテリーから得られる、ビジネスチャンスを適切に捉えることに役立ちます。
続きを読む

ヘルスケア向け圧電ハーベスティングおよびセンシング:2019-2029年 

圧電素子は、ヘルスケアにおける膨大な生物学的および物理的パラメーターを検知する新しい自己発電センサーおよび半導体圧電素子として再発明されています。当レポートのみが、最新の進歩と予測で追求されたニーズ、科学、可能性、目的をまとめて提供します。印刷済みで、柔軟性があり、生体適合性があり、生分解性の、多目的なシステムに電力を供給するためのハーベスターの最新先端技術のすべてがここにあります。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300