グリーンテクノロジー - IDTechEx Reports and Subscriptions

コンクリートとセメントの改革:市場の成長、脱炭素化 2022年〜2042年 

この商業志向のレポートは、セメントとコンクリート業界が、新しい処方、製品、機能を提供することにより、ゼロエミッションを実現し、急速な収益性の高い成長にどのように転換できるかを説明していることに特徴があります。これにより多機能コンクリート(電気、光学など)や、鉄筋のない3Dプリントされた大型構造物など、多くの新しい市場が開かれる可能性があります。現場の資産を活用することで、余剰のゼロエミッション電力とその貯蔵を販売することができます。出典は、PhDレベルの多言語を操る世界中のIDTechExアナリストです。
続きを読む

鉱業の電化: 輸送機器、発電、転用 2022-2042年 

IDTechEx レポート『鉱業の電化: 輸送機器、発電、転用 2022-2042年』は、実際に何が起こっているのかを確認することができるよう、20年先のこれらの注目度の低い分野に着目している点がユニークです。このビジネス目線の310ページに及ぶ分析により、市場における多くのサプライズやギャップを明らかにしています。これらはマルチリンガル博士号レベルの IDTechEx のアナリストによる全世界での数年に及ぶ調査に基づいたものです。
続きを読む

グリーン水素の生産: 電気分解装置市場 2021-2031年 

将来の市場動向を深く理解することを可能とする主要な電気分解装置の技術・市場に関する調査。
続きを読む

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)2021-2040年 

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)は、排気ガスや直接大気から二酸化炭素を取り出し、恒久的に地下に貯留するか再利用する一連の技術のことをいいます。このレポートは、世界のCCUSの将来を形成することになる技術的・経済的要因を検証し、業界の成長における主な課題や市場機会を特定しています。
続きを読む

持続可能な代替燃料 2021-2031年 

このレポートは、開発中の技術、商用化のレベル、対象用途、そして燃料の成長のポテンシャルについて議論しながら再生可能ディーゼル、持続可能な航空燃料、e-Fuelおよびグリーンアンモニアを含む主要な非化石系代替燃料に関する市場の概要を提供しています。バッテリー技術や水素などの他の低炭素ソリューションとの比較検証も行っています。
続きを読む

ソーラーカー 2021-2041年 第二版 

最優秀の陸上・水域・空域用太陽光輸送機器、勝ち組企業、技術
続きを読む

EV: 電気自動車、船舶、航空機 2021-2041年 

『EV: 電気自動車、船舶、航空機 2021-2041年』は 、IDTechEx の電動輸送機器の販売台数、バッテリー需要、市場規模など基軸となる見通しを一箇所にまとめたものです。それぞれの章において一つの輸送機器セグメント(二輪車、乗用車、バン、トラック、バス、レジャーボート、商用船舶、有人航空機)または要素技術(リチウムイオン、電動モーター)に関する主要な要因、トレンドそして見通しがまとめられています。相対的な市場規模、バッテリー需要および急激な拡大を見せる乗用車にとどまらない電動輸送機器(EV)を明確に把握できるようにすることで、弊社は業界人が情報に基づいた投資の意思決定を行い、電動輸送機器業界(EV)に精通することができるように知見を提供することを目的としています。
続きを読む

ポリマー・リサイクル技術 2020-2030年 

この調査レポートは、ポリマー・リサイクリングのために開発された新たな技術をカバーし、プラスチック廃棄物を取り扱う新規処理手法を開発する企業を分析しています。業界の動向、新技術、ケーススタディ、市場の成長、要因、制約を示す分析ならびに収益傾向の分析が提供されます。新規リサイクリング技術がもたらす全世界売上総額は2030年までに1,620億ドルに達することが見込まれています。
続きを読む

マイクロワットからギガワット_エナジーハーベスティング:市場機会 2020-2040年 

エナジーハーベスティングは、周囲の環境にあるエネルギーを必要な場所で電気に変換します。この調査レポートは、最近開発されたものを含め、変換技術に焦点をあて、電力全体を網羅しています。大規模な新興材料の機会と、緊急のニーズに対するソリューションをご紹介します。
続きを読む

リチウムイオン電池リサイクリング:2020-2040年 

2040年までにリチウムイオン電池リサイクリルは310億ドルの市場へと成長します。この調査レポートでは、リチウムイオン電池リサイクリルのプロセスと技術、バリューチェーンおよびリサイクルの経済性、主な業界有力企業ならびにリチウムイオン電池リサイクリルに対する規制や政策に関する包括的かつ徹底した分析を提供しています。地域別、セクター別、バッテリー化学成分および主要な再資源化金属にわたるリチウムイオン電池リサイクルに関する20年に及ぶ市場予測が提供します。
続きを読む

水素エネルギー社会、燃料電池および水素製造方法 

このレポートは、エネルギー担体としての水素の現在の状況ならびに将来の発展に関する実情を読者に提供しながら、水素エネルギー社会に関する明確かつ客観的な全体像を伝えています。異なる燃料電池と電気分解装置の包括的な情報により、化学原理、関係する素材、技術的限界そして市場の主な有力企業を含めそれぞれの技術の将来のビジネスチャンスについて読者は把握することができます。
続きを読む

分散型電源:オフグリッド排気ゼロのキロワットからメガワット発電まで 2020-2040年 

排気ゼロのマイクログリッドの活気に満ちた市場は工業、商業および国防の用途に応えるキロワットからメガワットの電力に対応しています。新たな水力、太陽光、風力の技術は多くの家庭において ZE バッテリー・マイクログリッドの導入を促進するものであり、これに船舶やスマートロードの発電が続くことになります。素材、コンポーネント、システム、ソフトウェアの目覚しい市場機会を生み出しながら3,500億ドルという巨大な市場が形成されつつあります。80点の最新の解説画像とグラフを掲載するこの230ページのレポートだけが2020年から2040年のあらゆる動向をくまなく分析・予測しています。
続きを読む

バイオプラスチック 2020-2025年 

生物由来原料を利用したポリマーであるバイオプラスチックは、プラスチックがもたらす環境問題への潜在的なソリューションとなります。それらは再生可能資源から作られており、生分解可能なものが多いのです。にもかかわらず、バイオプラスチックは歴史的に価格的にはるかに安価な化石燃料由来プラスチックとの競争に苦戦してきました。しかしながら、事態は変わり始めています。この新規レポートは、バイオプラスチック製造に関わる技術を将来の有効なオプションとして検証し、その市場に関する知見を提供し、成長中の技術の将来性を概説しています。
続きを読む

電気自動車向けバッテリーの再利用 2030-2030年 

2030年までに、電気自動車用の再生バッテリー容量は年間275GWhを超え、自動車およびエネルギー貯蔵分野の企業に大きなチャンスをもたらすと考えられます。当レポートでは、再生バッテリーバリューチェーン全体の主要技術、主要企業、市場機会の包括的かつ詳細な分析を提供します。本市場調査調査レポートから得られる分析は、企業が再生バッテリーから得られる、ビジネスチャンスを適切に捉えることに役立ちます。
続きを読む

ゼロエミッション可搬型発電機セット 2019-2039年 

モバイルゼロエミッション発電機の100億ドルの市場が現れています。当レポートのみが、新しい船舶、航空、その他の機会とディーゼル発電機の交換をどのように受け入れているかを示しています。最新風力、潮流、太陽バージョン発電の販売がすでにどのように関係しているかを学び、包括的な新しい予測とインフォグラムを使用します。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

燃料電池自動車 2022年-2042年 

IDTechEx のレポート『燃料電池自動車 2022年-2042年』は、乗用車、小型商用車、トラックおよび市バス市場の路上走行用の燃料電池自動車の現状について検証しています。このレポートは、2042年までの燃料電池自動車の将来に関する IDTechEx の独自の見通しに加え、これらの異なる輸送用途における燃料電池自動車の普及における技術的・経済的な側面を取り上げています。
続きを読む

メタマテリアルおよびメタサーフェスの市場 電磁波 2022-2042年 

この300ページにわたるレポートは、鮮明な最新の解説画像、表、グラフおよび写真により基本的な20年先見通し、ロードマップ、最新の戦略、市場、企業、技術評価を独特な形で提示しています。これは、新たな化合物、メタマテリアル、メタサーフェス、再プログラム可能なインテリジェントサーフェスを製造、統合または利用することを考える人を対象としています。市場のベストプラクティスとギャップを確認 - 組成、印刷、積層成形、都市での展開等。面倒な数式に依存せず。10億ドルの事業を生み出すパートナーと買収事案の認識。
続きを読む

熱電冷却、加熱、ハーベスティング: 90社の企業分析、市場、ロードマップ 2022-2042年 

熱電気冷却、加熱およびハーベスティングが現在は部分的な成功に留まり、もっと後で完全な成功を遂げる理由を学んでください進化する最適な材料、パラメーター、デザイン、用途、技術および戦略に加え90社の企業比較、市場リーダー、成功要因、失敗、会社の意図および市場全体見通し2022-2042年を提供。包括的なバリューチェーンと低出力から高出力のシステムのサプライヤーの分析を盛り込んだ重厚な300ページ資料。エンドユーザー向け市場が勃興しています。必要なものは何か。何を注視すべきか。マルチリンガルで博士号レベルの IDTechEx アナリストによる数年に及ぶ調査に基づいています
続きを読む

熱電エナジーハーベスティングと熱利用の他の排気ゼロ電力 2022-2042年 

これは熱電気ハーベスティングのビジネスチャンス、一連の研究および必要となる優先順位に関する初の20年先の展望となります。材料から製品統合に至る100社を超える対象企業の活動状況を確認できます。ハードル、賢明な取り組み、代替技術についての知見が得られます。2022-2042年の見通し 。博士号レベルの多言語話者の分析による27種の結論。代替技術、2021年に登場した2つの新技術。実業家のニーズ?数十億ドルの成果が見込めるにもかかわらず、それは現在の研究の優先順位に沿ったものではないと IDTechEx が結論付ける理由
続きを読む

植物由来の食肉 2021-2031年 

植物由来の食肉市場は、新型コロナウイルス感染拡大をきっかけとして畜産業への関心の高まりや製品品質の大幅な向上に刺激され、近年急激に成長しています。しかしこの業界は従来型の食肉業界を揺さぶるポテンシャルを発揮することができるのでしょうか? IDTechEx によるこのレポートは、生産プロセス、消費者の観点、業界への投資ならびに主要な有力企業を含む植物由来の食肉市場の技術と業界の分析を提供します。このレポートでは植物由来の食肉業界の将来に関する10年先見通しも提供しています。
続きを読む

走行距離1000マイル(1600km)の二次電池式電気自動車 2021-2041年 

実効走行距離を半分とすることができ、誰もが路上で充電することの煩雑さを嫌っていることから長距離走行自動車は大きな魅力となります。このレポートは、長距離走行車がどのように太陽光パネル搭載の車体、軽量化、簡素化、新規部品や進化したバッテリー用ハードウェアとソフトウェアにとって大きなビジネスチャンスを生み出すことなっていくのかを分析しています。世界最初の販売実績と2021-2041年の技術ロードマップをご確認ください。例えば、2027年には650マイル(1000km超)の走行距離を実現できない特別な自動車は敬遠されることになります。
続きを読む

レドックスフロー電池 2021-2031年 

このレドックスフロー電池調査レポートには、科学的な仮説に基づいた RFB 市場の大きな変動が盛り込まれています。IDTechEx はリチウムイオン電池とレドックスフロー電池システムの均等化蓄電原価(LCOS)の計算により、レポートにおいて仮説を証明しています。変動性再生可能エネルギーの大量導入によりエネルギー業界はさらなるエネルギー貯蔵能力を要求されることになります。IDTechEx はRFB 市場が2031年に数十億ドル規模になると予測しています。
続きを読む

スマートシティ用のロボットシャトル 2021-2041年 

ロボットシャトルは新たな交通手段の一つです。2041年の200億ドルの売り上げと多大なサービス収入について確認してください。前後対称車両、低騒音、排気ゼロ、車椅子用の大型のスライド式ドアそして迅速な乗り降り、これらはスマートシティ用にデザインされたものであり、通学バスから有人のタクシーやバスに至るまで多くの利用不足の車両を置き換えるものです。
続きを読む

バッテリー不要の定置型エネルギー貯蔵: グリッド、マイクログリッド、UPS、トラックサイド2021-2041年 

最新の定置型エネルギー貯蔵装置は、リチウムイオン・バッテリーおよび揚水式発電だけでなく高速充電・放電機能および6カ月間の季節太陽熱貯蔵機能も提供しています。最新の重力、空気、水素、熱、電気二重層コンデンサおよびフライホイール定置型貯蔵は、スマートシティ用のバッテリーを含む最新のバッテリーと比較されます。主流のリチウムイオン系を価格面とパフォーマンスの点で凌駕。勝ち組、負け組み、20年先のロードマップ、新たな数十億ドルのビジネスの見通し。ニッチ市場。これですべてを理解することができます。
続きを読む

有人電動航空機: スマートシティおよび地域 2021-2041年 

ゼロエミッション航空機の凄まじい伸びは2041年に従来型と垂直型の離陸・着陸機で均等な割合であるもののその間はかなり異なる状態で推移することを理解してください。現在の最大100席までの航空機メーカーが新規参入組に対し極めて脆弱である理由は何でしょうか?もっとも破壊的な技術と開発企業はどこでしょうか?バッテリーが勝者となるものの燃料電池にも居場所がある理由を理解してください。ハイブリッドと改造の好機、ベストプラクティス、限界および詳細な見通し。
続きを読む

電気トラック市場 2021-2041年 

IDTechExの調査レポート「 電気トラック市場 2021-2041年」は、バッテリー式電動トラック、プラグイン・ハイブリッドおよび燃料電池式トラックに関する72種の予測を提供しており、そこで中国、米国および欧州などの主要地域における中型および大型トラックの売上、市場浸透度、バッテリー需要と市場価値に関する20年先の見通しを説明しています。このレポートは、この成長市場の将来の自動車業界サプライチェーンの戦略において企業の参考となるものです。
続きを読む

電気、ハイブリッドおよび燃料電池の小型商用車 2021-2041年 

電動小型商用車市場は急激な電化においてユニークな位置にあります。IDTechExの新たな2021-2041年新型コロナウイルス対応修正版見通しレポートは、グローバルと地域のレベルにおける eLCV 売上、市場浸透度、市場売上額および据付済みバッテリー容量に関して20年先の綿密な見通しを提供し、この急激に進化していくセクターにおいて企業が効果的な計画立案をできるよう支援しています。
続きを読む

先進的な電気自動車 2020-2040年 

新型コロナウイルス感染拡大の中、最新の IDTechEx レポート『先進的な電気自動車 2020-2040年』は世界の電気自動車業界に関する地域別詳細ならびに2040年までの長期見通しを付した包括的分析を提供しています。またこれはリチウムイオン・バッテリーと電動トラクションモーターから自動運転車の技術に至る移行を可能とする要素技術の詳細な分析も提供しています。
続きを読む

電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年 

「電動式、ハイブリッド式および燃料電池式のバス 2021-2040年」は、電化の市場要因、バスが次々と開発されている状況、そして燃料電池式バスを含めバスにおける純バッテリー電動式とプラグイン・ハイブリッド式のパワートレインの見通しを扱っています。このレポートは、中国、欧州、米国、インドおよび世界のその他の地域をまたがる車両電化率を反映した電動式市バスの利用度に関する IDTechEx の最新の地域別見通しを提供しています。
続きを読む

電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年 

新規 IDTechEx レポート「電動のレジャー&遠洋航海用のボートおよび船舶 2021-2040年」は海運業分野の電化における課題と成長を克明に記しています。レジャーボートは販売量で最大の市場ですが、深海分野が最大の市場価値と最大のバッテリー需要を持つものとなることが判明しています。
続きを読む

デジタル水道網 2020-2030年 

デジタル水道 2020-2030年は、水道および下水処理におけるセンサー市場および配水管市場を網羅。異なるタイプのセンサー、企業、戦略ならびに使用事例に関するこの包括的な概要は、デジタル水道業界に対する知見に富んだソリューションを提供する余地のあるものです。さらにこの情報は2030年までの今後10年間における市場の成長を予測するために利用されており、その規模は20億ドルを超えるものとなると予想されています。
続きを読む

リチウムイオン・バッテリー 2020年-2030年 

このレポートは、リチウムイオン市場に関し、需要がどこから来ているのか、電池、負極および正極の製造に関与する主要企業などの全体像を提供しています。また、戦略的な投資や事業開拓の判断を可能としてくれるリチウムイオン・バッテリーにおいて進行中の様々な技術開発やトレンドに関する徹底した分析を提供しています。
続きを読む

空中風力発電 (AWE):2019-2039年 

AWEは新世代のゼロエミッションジェネレーターです。モバイルでインフラストラクチャはありません。2018年には、(i)主に規模を追求するエンジニアリング主導のプロジェクトおよび(ii)愛好家のシステムによる控えめな販売から、はるかに有望なものへと移行しました。その実質的な内容は 30-100kWシステムの主要な業界への最初の販売です。ニッチマーケティングでは10億ドルの売り上げへの道が約束されています。裕福で忍耐強い企業は、風力発電所で巨人へと成長する可能性も秘めています。開発者の計画、技術ロードマップをご覧ください。
続きを読む

波力・潮力・水力発電 (1W - 10MW):2018 - 2038年 

水力発電用の貯水池やダムの問題はさておき、貯水池やダム以外の水流を利用した発電は、2038年に660億ドル規模の市場になると予想されています。多くの技術的突破口によって生み出された解放水域を利用して発電の大きな成長機会に注目が集まっています。波力発電会社は最大10MWのシステムの販売に成功し、集中的なマーケティングにより潜在的な注文の巨大なパイプラインの構築に成功しています。潮力発電の開発者は、大量のグリッド電力を実証しており、一部の企業は、数十億ドル規模のビジネスを生み出す手頃な価格の再導入可能なシステムのニーズをターゲットにしています。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300