ヘルスケア - IDTechEx 調査レポート

IDTechEx 調査レポート一覧

糖尿病管理技術 2022-2032年: 市場、有力企業、見通し 

本レポートでは、糖尿病管理デバイスを取り巻く状況(成熟した技術から、新たに登場した技術、将来の選択肢までを含めて)について、解説しています。IDTechExは今後10年間で予想される業界の技術的動向を分析・予測しています。有力企業の戦略についても検討・分析を行っています。閉回路システムおよび非侵襲性 CGM の立ち上げなど主要な進化の動向についてIDTechExの見通しを展開します。
続きを読む

ポイントオブケア診断用バイオセンサー 2022-2032年: 技術、ビジネスチャンス、有力企業、市場見通し 

ポイントオブケア用バイオセンサーは、COVID-19パンデミックへの対応において不可欠なものとなっています。それに伴い、その市場規模は2019年から2倍以上に拡大しています。本レポートでは、市場の成長ドライバーや、ポイントオブケア検査を可能にするキーテクノロジーを探るとともに、患者の診断を患者により近い治療現場(ポイントオブケア)で行うための先進技術やそうしたトレンドがもたらす機会と脅威について評価しています。
続きを読む

自己修復材料の市場 2022-2042年 

自己修復材料は構造物の早期修理や交換に必要となる数兆ドルの費用を削減することができるものです。コンクリート、プラスチックやその他の一部の材料ですでにある程度の自己修復特性を備えている場合もありますが、これより優れた材料によってこそ大幅なコスト削減を実現できるのです。ビジネス上のポテンシャルは何でしょうか?いつそれは可能となるのでしょうか?どのような技術や用途が最適で、研究の先行きから何が約束されているのでしょうか?商業的視点に根差したこのレポートは明確な最新の解説画像、比較表そして2022-2042年の見通しを備え、その回答を提供します。
続きを読む

電子皮膚パッチ 2021-2031年 

このレポートは、電子皮膚パッチの市場、技術および有力企業について解説しています。28の用途分野と130社を超える企業を網羅し、2010-2020年の過去の市場データと2021年から2031年の市場予測を含み、電子スキンパッチ分野に関して実施されたもっとも包括的な調査内容となっています。これには持続血糖モニタリング(CGM)、バイタルサインモニターなどのセクターや多くの関連分野を含め、2021年に年商100億ドルを超える多大なビジネス機会があることを明らかにしています。
続きを読む

創薬における AI 2021年: 有力企業、技術および用途 

人口知能(AI)は創薬を含め医薬品開発における長年の問題を解決することのできるテクノロジーとして注目を浴びています。このレポートは、数十億ドルの投資やバイオ医薬品業界と AI 創薬系ベンチャー企業との契約を生み出している主要な機械学習とディープラーニング(アーキテクチャとアルゴリズム)、開発企業、ならびに用途に着目しています。AI は創薬の開発期間を大幅に短縮して、バイオ医薬品業界にとって多大なコスト削減をもたらします。
続きを読む

抗菌技術市場 2021-2031年 

抗菌技術は新型コロナウイルスの感染拡大により一挙に注目を浴びることとなり、全世界数十億の人々に対し、汚染された表面からの保護を提供しています。これらの製品の背後にある技術とは?どのように機能するのか?この市場動向に注目する企業にとって考慮すべき重要な点は何か?そして未開拓の市場がまだあるとすればそれは何か?次世代の抗菌剤を開発する機が熟しています。
続きを読む

医療診断におけるAI(人工知能) 2020-2030年: 画像認識、有力企業、医療用途、見通し 

このレポートは、5例の主要な医療用途を分析することで疾患検出のための画像認識人工知能(AI)の分野を検証しています。最先端技術について解説し、有力企業に着目し、それぞれのセクターの市場動向を分析しています。トレンド、市場機会、ハードルおよび課題(技術面と商業面の両方)について徹底して検証しており、この技術の現在と将来の市場に関する詳細にわたる知見が示されています。
続きを読む

肌センサー 2020-2030年: 技術、市場、参入企業、フォーキャスト 

この調査レポートは化粧品業界を中心に肌のパラメーターの定量的な測定に利用されている手法や技術を網羅しています。肌センサー技術は、エレクトロニクス技術の近年の進化と消費者行動の変化により広範な分野において利用が急激に拡大しています。肌センサー技術の市場は、電子商取引、スマートリテール、ハイパーパーソナライゼーション対応スキンケアなど多くの分野におけるスキンケア関連企業の需要により2030年までに2億7,500万ドルの規模に達することが見込まれています。
続きを読む

ヘルスケアにおけるフレキシブル・エレクトロニクス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子皮膚パッチ、電子テキスタイル、電子化学的検査紙およびスマート・ブリスターパックを含む医療におけるフレキシブル・エレクトロニクスの最新の用途を網羅しています。デジタルヘルスの動きによってヘルスケアシステムの分散化が進む中、フレキシブルエレクトロニクスは、快適で長期的な患者の遠隔モニタリングソリューションを提供する上で有利な立場にあります。フレキシブル・エレクトロニクスは医療モニタリングにおける新たなフォームファクターや新製品を可能とするものであり、2030年には83億ドル以上の価値を持つ重要な市場となります。
続きを読む

デジタルヘルスと人工知能(AI) 2020:トレンド、機会、および展望 

2018年にはデジタルヘルスへの投資が81億ドルに達し、2019年には一連のIPOが成功するという状況に伴い、この複雑な分野を理解し、ヘルスケア業界にどのように影響するかを理解することが重要になっています。この調査レポートは、デジタルヘルスとヘルスケアエコシステムにおけるAIの詳細な概要を提供します。これには、消化器/デジタル治療、テレヘルス/テレメディスン、遠隔患者モニタリング、診断におけるAIなどが含まれます。
続きを読む

ロボット手術のイノベーション 2020-2030:技術、プレーヤー、市場 

このレポートでは、ロボット手術の分野を4つの主要セクターに分類しています。本レポートは、新しい技術を探求し、主要プレーヤーを強調し、市場の状況を分析し、将来の機会と課題について議論します。ロボット手術における人工知能と触覚フィードバックの使用の説明も含まれます。浮き彫りにされている傾向と予測は、ロボット手術市場の現在および将来の状況に関する詳細な洞察をもたらします。
続きを読む

分子診断 2020-2030年 

分子診断は、技術の進歩(第3世代 DNA シークエンシング、デジタル PCR およびマイクロ流体デバイスなど)、医療現場の分子診断市場の拡大、ならびに実証済みの臨床的有用性を持つ遺伝子バイオマーカーの発見が相次いでいることに刺激され、医療業界においてもっとも急速な成長を遂げている市場の一つです。分子診断市場は2030年までに200億ドルに達すると予想されています。
続きを読む

循環器障害 2020-2030年:トレンド、技術および見通し 

CVDの蔓延とそれが医療制度にもたらす重い経済的負担は、この病気に対処するための早急な打開策の必要性を物語っています。このレポートは、最新トレンドに焦点を当て、市場展望を分析し、将来の事業機会と課題に関する知見を提供するものです。新技術に対するその調査は、検知、モニタリングおよび治療の3つの分野に区分され、直近および将来の動向の詳細な分析を提供しています。
続きを読む

先進創傷ケア技術市場:2020-2030年 

先進的な創傷ケア技術の市場は、2030年までに220億ドルを超えると予測されています。これは、主に高齢化による需要の増加と世界中の糖尿病の増加によります。世界中の医療システムにおける負担増加により、高度な創傷ケア製品は、創傷ケア患者の経路を改善し、治療の費用対効果を高めることに焦点を合わせます。
続きを読む

遠隔患者モニタリング 2019-2029年 

世界中の医療費が増加するにつれて、費用対効果の高い医療を提供する革新的な方法を開発する必要があります。患者の健康状態の測定と分析を参照するリモート患者モニタリング(RPM)は、医療施設の医療従事者や医師が物理的に立ち会う必要はなく、 患者に対する高い水準のケアを維持しながら医療費を削減する有望な技術として浮上しています。
続きを読む

生体電子工学 (バイオエレクトロニクス) による医療:2019-2029年 

当レポートは、2029年までに600億ドルを超える市場を牽引するバイオエレクトロニクス医学の技術革新の詳細をまとめています。電気ニューロモジュレーション用の医療機器の最近の急増は、高齢者人口の増加と慢性的な不健康状態の治療と管理の必要性に支えられて、今後10年間で数百万および数十億規模の市場へのアクセスを提供します。
続きを読む

合成生物学2018年 

当レポートは、微生物の遺伝子工学とバイオ製造の主な用途に使用されるツールと技術を取り上げ分析しています。技術の現状、用途、成功事例研究、市場成長、推進力、抑制因子、投資傾向分析を示す分析結果が提供されます。合成生物学への投資は、2017年に記録的な17億ドルに達し、2023年には238億ドルに達すると予測されています。
続きを読む

3Dバイオプリンティング市場2018 - 2028:技術、市場、成長予測 

このレポートでは、3Dバイオプリンティングで使用される技術と、3Dバイオプリント組織の主な用途を取り上げ、再生医療の将来の用途に焦点を当てています。当レポートでは、3Dバイオプリンティングテクノロジーの利点、現在の推進要因、傾向、および課題について説明します。3Dバイオプリンティングは、2028年までに19億ドルの市場になると推定されています。
続きを読む

侵襲性・非侵襲性神経インターフェース:予測・アプリケーション 2018-2028年 

神経インターフェースはますます注目を集めており、脳に関する洞察を獲得し、治療を改善し、周囲の世界での対話をより深くすることに寄与します。EEGプローブは現在、このスペース、伝統的な低コストの技術を支配しています。 彼らは年間収益は10億ドル以上を占めています。しかし、より革新的な技術と治療法が間近に迫っているため、侵襲的プローブ市場は今後10年間で上昇すると予想されます。
続きを読む

組織光学市場2018-2028:年技術、市場、成長予測 

人工生体組織の市場は、2028年までに48億ドルを超えると予測されています。当レポートでは、3Dバイオプリンティングや3Dプリンティングなど、組織工学製品の製造に使用できる多くのテクノロジーの動向を網羅しています。さらに、このレポートでは、人工組織の重要な成長機会について分析し、再生医療市場について詳細に議論します。今日の組織工学のイノベーションは、間違いなく将来の医療の性質に大変革をもたらすでしょう
続きを読む

ガスセンサー 2022-2032年: 技術、ビジネスチャンス、有力企業、見通し 

ガスセンサーは確立された産業であると同時に、大衆デジタル化に向けたトレンドから利益を享受する格好の位置にあります。消費者や政策担当者の大気質に対する関心は新型コロナウイルスが契機となって大幅に高まっており、分散型ガスセンサー・ネットワーク市場が拡大しています。このレポートは、初期段階にある技術分析に加え、大手ならびに新興のセンサーメーカーとの議論を通じ、環境、医療、自動車および嗅覚市場にまたがるビジネスチャンスと課題を明らかにしています。
続きを読む

RFID市場_見通し、有力企業およびビジネスチャンス 2022-2032年 

IDTechEx は RFID について20年以上にわたり調査を続けており、最新バージョンの RFID 市場調査レポート『RFID市場_見通し、有力企業およびビジネスチャンス 2022-2032年』をリリースしました。このレポートは弊社のノウハウに基づいて作成され、最新の RFID 動向トレンド、有力企業分析および市場展望を網羅しています。このレポートはRFID 技術、関連企業、利用事例検証および市場に関する客観的な評価を行い、現況および将来の可能性を含め、RFID セクター全体に関するユニークな知見を読者に提供しています。
続きを読む

E-テキスタイルおよびスマート衣料 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

このレポートは、E-テキスタイルの商用化に関する市場、技術および有力企業について解説しています。材料、コンポーネントおよび製造手法から4つの主要製品カテゴリーに至るまで、バリューチェーン全体を網羅しています。このレポートは、10以上の異なる市場分野を検証しており、224社の企業情報を含んでいます。このレポートでは、市場は2020年は5億ドル弱ですが、今後10年間で13億ドルを超える規模に成長すると予測しています。
続きを読む

熱電エナジーハーベスティングと熱利用の他の排気ゼロ電力 2022-2042年 

これは熱電気ハーベスティングのビジネスチャンス、一連の研究および必要となる優先順位に関する初の20年先の展望となります。材料から製品統合に至る100社を超える対象企業の活動状況を確認できます。ハードル、賢明な取り組み、代替技術についての知見が得られます。2022-2042年の見通し 。博士号レベルの多言語話者の分析による27種の結論。代替技術、2021年に登場した2つの新技術。実業家のニーズ?数十億ドルの成果が見込めるにもかかわらず、それは現在の研究の優先順位に沿ったものではないと IDTechEx が結論付ける理由
続きを読む

ウエアラブルセンサー 2021-2031年 

このレポートは、今日のウェアラブルデバイスにおいて利用されているあらゆるタイプのセンサー技術に関する包括的な情報を提供しています。また、ウェアラブルのハードウェアに着目した10年に及ぶ調査に基づき、現在および将来の技術の選択肢、今日の各種センサーの商業的展望、ならびにそれぞれのタイプのセンサーや最終市場に従事する有力企業を網羅しています。
続きを読む

ヒアラブル 2020年-2030年:技術、有力企業および見通し 

ヒアラブルとは、耳の中や上や周囲に装着するワイヤレス電子製品です。これらには、ヘッドホン、補聴器、人工内耳および関連する分野などの製品が含まれます。それらの用途には、消費家電や医療の分野を中心としたインフォテイメント、補聴および能力拡張、医療診断などが含まれています。このレポートは、ヒアラブル市場および技術的展望に関するもっとも包括的な分析を提供しています。
続きを読む

バイオプラスチック 2020-2025年 

生物由来原料を利用したポリマーであるバイオプラスチックは、プラスチックがもたらす環境問題への潜在的なソリューションとなります。それらは再生可能資源から作られており、生分解可能なものが多いのです。にもかかわらず、バイオプラスチックは歴史的に価格的にはるかに安価な化石燃料由来プラスチックとの競争に苦戦してきました。しかしながら、事態は変わり始めています。この新規レポートは、バイオプラスチック製造に関わる技術を将来の有効なオプションとして検証し、その市場に関する知見を提供し、成長中の技術の将来性を概説しています。
続きを読む

医療・歯科産業における3Dプリント:2019~2029年 

当レポートは、医療および歯科産業での応用のために、医療機器および生体組織の3D印刷で使用されるツールと技術をまとめています。技術の現状、用途、成功事例研究、市場成長、推進力、抑制因子、収益傾向分析を示す分析結果が提供されます。3Dプリンティング医療機器と生体組織は、2029年までに材料、機器、ソフトウェアプロバイダーに81億ドルの市場機会を提供します。
続きを読む

伸縮性エレクトロニクスとコンフォーマルエレクトロニクス市場 2019-2029年 

当調査レポートは、伸縮性エレクトロニクスに関して必要とされるすべてを提供します。この多様な新興産業の最も包括的かつ洞察力のある分析を提供し、利用可能なもしくは/または現在開発中のさまざまな伸縮性材料/コンポーネントのそれぞれについて取り上げ、伸縮性エレクトロニクスに統合される可能性がある60以上の製品タイプを検証し、100社以上の進捗状況まとめています。62企業、25の研究機関に関する初期調査、および14を超える材料/コンポーネント領域でセグメント別の10年間の市場予測を提供します。
続きを読む

ファイバーレーザー市場2018-2028::技術・成長機会・市場・成長予測 

当レポートは、高度にイノベーティブなレーザー技術と、急速な成長を遂げているファイバーレーザー市場の取材結果を提供します。これらは、市場調査会社ではめったに調査されません。当レポートは、レーザー物理研究の技術的背景を持つアナリストによって作成されています。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300