プリンテッド&フレキシブルエレクトロニクス - IDTechEx Reports and Subscriptions

Covering every aspect of the printed, flexible and organic electronics industry

プリンテッド、有機およびフレキシブルエレクトロニクス 2020-2030年:見通し、技術、市場

この調査レポートはフレキシブル、プリンテッドおよび有機のエレクトロニクスに関するもっとも包括的な分析により、トレンド、市場での成功例(および失敗例)に関する評価に加え、デバイス別の細部にわたる今後10年の見通しを提供しています。この市場は、プリンテッドと非印刷式、リジッド式とフレキシブル式の電子機器などに分けて市場規模を評価することに加え、それそれのコンポーネントのタイプ別に分析されています。対象となった主要なコンポーネントには、ディスプレイ、センサー、バッテリー、ロジック、機能性インク、電子テキスタイルなどが含まれます。
続きを読む

プリンテッド/フレキシブル エレクトロニクス材料 2021-2031年: 技術、用途、市場見通し 

既に折り畳み式スマートフォンに利用されているプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスは、医療機器からスマートパッケージングそして電子テキスタイルから消費者向け製品に至る用途に幅広く採用されていくことが見込まれています。この技術の変遷は、特に新たな OLED エミッタ、無粒子構造の導電性インクおよび導電性接着剤を含む革新的な材料を対象とする多大な市場機会をもたらします。この IDTechEx レポートは、すべての関連材料を網羅した市場見通し、インタビューに基づいた詳細な企業概要、事例検証および技術ロードマップを盛り込んでいます。弊社の包括的な概要と分析により、読者はプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスへのこの技術の移行がもたらす機会を理解し利用することができるようになるはずです。
続きを読む

3D エレクトロニクス 2020-2030年:技術、見通し、有力企業 

3Dエレクトロニクスを対象とするこの IDTechEx 調査レポートは、個別のプリント基板を集積エレクトロニクスとして置き換え可能とすることで、製造の複雑さの解消に加え、省スペース化と軽量化を実現する一連の技術を分析・比較しています。調査レポートには、インモールドエレクトロニクス、フィルムインサート成形、三次元曲面への電子機能追加、そして3Dプリンテッドエレクトロニクスが盛り込まれています。また本レポートには、市場見通し、企業プロファイル、ケーススタディ、技術的課題の特定、関連する技術革新の事業機会も盛り込まれています。この包括的な調査レポートにより、読者は多くの用途において、究極にはプリント基板を置き換えることになる、この斬新なアプローチをどう利用することができるのかを理解することができるはずです。
続きを読む

プリンテッドおよびフレキシブル センサー 2020-2030年:技術、有力企業、見通し 

この調査レポートは、プリンテッドセンサーのほとんどのタイプにおける要素技術および用途に関する包括的な概要を提供しています。これには有機・ハイブリッドの光検出器、ピエゾ抵抗および圧電のセンサー、伸縮性ひずみセンサー、温度センサー、皮膚パッチ用プリンテッド電極、バイオセンサーおよび静電容量タッチセンサー用ITO代替材料が含まれます。50社を超える企業のプロファイリングによりIDTechExは商用化の可能性やそれぞれの技術の課題を網羅し、あらゆるタイプのセンサー、技術および用途にまたがる緻密な市場予測を提供しています。
続きを読む

エレクトロニクス リシェイプ 2020-2040年 

テープ、フィルム、医療用、ウェアラブル、建物などのペイントを含めスマートマテリアルとなる数十億ドルの電子電気機器のビジネスチャンスを分析します。2020年に大半が実施された調査では、2020年-2040年の商用化ロードマップ、勝ち組と負け組みを分析しています。ユーザーはこれを切断、変形、伸縮またはスプレーにより形状を形成します。発光や発電と貯蔵などの一定の機能。これは、新規市場創出と同時に従来の電子機器生産を迂回することになります。
続きを読む

フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス 2020-2030年:用途、課題、イノベーションおよび見通し 

この IDTechEx 調査レポートは、要素技術や課題の分析、30件以上に及ぶプロトタイプのケーススタディ、技術導入ロードマップならびに詳細な市場予測を含むフレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクスのすべての側面を網羅しています。FHE は既存の電子業界に異変をもたらし、最終的にユビキタス電子機器のビジョンを実現し、新規用途を生み出すことになります。このレポートに示されるトレンド、見通しおよびイノベーションの機会はこの変革に関するロードマップとなります。
続きを読む

導電性インク市場 2020-2030年:見通し、技術、有力企業 

この調査レポートは何年にもわたる調査に基づいたものです。過去8年間だけでも、IDTechExのアナリストは、150社以上の業界の有力企業にインタビューし、世界中の無数のユーザー/サプライヤーを訪問し、全世界で35回以上のコンファレンスや展示会に参加し、またこの市場に対する戦略構築において多くの業界有力企業を支援するため協業しています。例えば、過去5年間だけでも、弊社は日本、米国、台湾、韓国、ドイツ、英国などで開催されたおよそ35回の展示会を訪問してレポートを更新しています。これ以前には、弊社のアナリストはとりわけ太陽電池業界の導電ペーストの商用化において積極的な役割を果たしています。
続きを読む

ヘルスケアにおけるフレキシブル・エレクトロニクス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子皮膚パッチ、電子テキスタイル、電子化学的検査紙およびスマート・ブリスターパックを含む医療におけるフレキシブル・エレクトロニクスの最新の用途を網羅しています。デジタルヘルスの動きによってヘルスケアシステムの分散化が進む中、フレキシブルエレクトロニクスは、快適で長期的な患者の遠隔モニタリングソリューションを提供する上で有利な立場にあります。フレキシブル・エレクトロニクスは医療モニタリングにおける新たなフォームファクターや新製品を可能とするものであり、2030年には83億ドル以上の価値を持つ重要な市場となります。
続きを読む

インモールドエレクトロニクス 2020-2030年:技術、市場予測、主要企業 

IDTechExは、プリンテッド・エレクトロニクスの分野で長い歴史を持ち、この分野の最前線を分析しています。また、InMold Electronics(IME)を含む3D形状電子機器および構造電子機器に関する技術的および商業的開発を、5年以上にわたり研究してきました。当社はバリューチェーン全体の主要プレーヤーを熟知しています。この新しいレポートの情報は、広範なインタビューに基づいた技術的な一次調査を通じて取得されています。
続きを読む

電気自動車のパワーエレクトロニクスのダイ接着材料 2020-2030年 

この調査レポートは、様々な電気自動車におけるパワーエレクトロニクスで利用される各種のダイ接着材料および基板接着材料の市場を調査しています。ここではあらゆる電気自動車の各種のパワーエレクトロニクス機能におけるダイ接着材料ならびに基板接着材料の市場規模を適確に予測する緻密な定量的モデルを構築しています。これはまた価値および物量における10年にわたる市場予測を構築し、素材タイプ別に市場を区分しています。ここで対象となっている素材にはナノ銀粒子焼結接合、銀マイクロ粒子焼結接合、Cu焼結接合、SAC およびその他のはんだ、および液相拡散(TLP)接合素材が含まれています。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッド OLED ディスプレイ 2020-2030年:見通し、市場、技術 

このレポートは OLED ディスプレイの技術と市場に関する包括的な分析評価を提供しています。基板別(ガラス、硬質プラスチックおよび折り畳み式)そして地域、平均パネル単価および市場規模により分類した緻密な予測と過去の実績を携帯電話、タブレット/コンピューター、テレビ、自動車、ウェアラブル、工業用/プロ用、マイクロ OLED その他の8つの市場用途を対象に提供しています。このレポートは特にアジアにおける動向に着目し世界の動向を把握しています。フレキシブル・ディスプレイのロードマップにより専門の IDTechEx アナリストにより技術的進歩が評価されています。
続きを読む

スマートでインテリジェントなパッケージング 2020-2030年 

この IDTechEx 調査レポートは一般消費財(FMCG)ブランドからのスマートパッケージングに対するフィードバック、これらを実現するテクノロジーの評価、スマート・パッケージングの事例研究、電子スマートパッケージングの有力企業と見通しにより、スマートでインテリジェントなパッケージングの事業機会を網羅しています。アクティブパッケージング技術のオプションや化学的インジケータについても検証しています。この分析は、中国におけるQRコードの台頭の評価から4000億ドルを超えるパッケージング業界の革新的な変貌を可能としている新規の半導体とその他のコンポーネントに基づく最新の電子スマートラベルに至るまでグローバルな観点で実施されています。また率直な課題の評価と失敗から得た教訓も盛り込まれています。この詳細にわたる調査レポートの全容をご確認ください。
続きを読む

ハプティクス (触感技術) 2020 - 2030年:技術、市場、主要企業 

ハプティクス技術は、スマートフォンやゲームコンソールコントローラーから自動車や産業用機器に至るまで、多くの使い慣れた製品で見られます。 背景にある技術は、過去5年間で大幅に変化しました。 この調査レポートは、多様で変化するハプティクス業界のすべての主要市場とテクノロジーを評価しています。
続きを読む

透明導電性フィルム (TCF) およびマテリアル市場2019-2029年:成長予測、テクノロジー、主要企業 

透明導電膜および材料の市場は急速に変化しています。この継続的な変革は、テクノロジー、アプリケーション、サプライヤーなど、あらゆるレベルで行われています。当レポートでは、この業界の最も包括的で権威ある見解を提供します。
続きを読む

フレキシブルおよび/または有機エレクトロニクス向けバリアフィルムおよび薄膜封止 (TFE)2019-2029 

IDTechEx Researchは、このレポートの最初のバージョンで公開された2010年以降、バリアフィルムと薄膜カプセル化の技術と市場を分析しています。それ以来、当社はインタビュープログラム、企業訪問、会議訪問を通じて、最新の研究と市場開発に極めて近い状態を維持しています。毎年、IDTechEx Researchは評価を更新し、最新の技術と市場の動向を常に把握しています
続きを読む

伸縮性エレクトロニクスとコンフォーマルエレクトロニクス市場 2019-2029年 

当調査レポートは、伸縮性エレクトロニクスに関して必要とされるすべてを提供します。この多様な新興産業の最も包括的かつ洞察力のある分析を提供し、利用可能なもしくは/または現在開発中のさまざまな伸縮性材料/コンポーネントのそれぞれについて取り上げ、伸縮性エレクトロニクスに統合される可能性がある60以上の製品タイプを検証し、100社以上の進捗状況まとめています。62企業、25の研究機関に関する初期調査、および14を超える材料/コンポーネント領域でセグメント別の10年間の市場予測を提供します。
続きを読む

ペロブスカイト太陽光発電市場2018-2028年 

このレポートでは、技術の観点とビジネスの観点の両方で、ペロブスカイト太陽電池の状態について詳しく紹介しています。テクノロジーベンチマークと市場分析は、ユーティリティ、BIPV、スマートウィンドウ、屋外家具などの多くのアプリケーションにおけるペロブスカイト太陽電池の可能性を分析するために実行されます。2028年までに、市場は5億ドルを超えると予想されます。
続きを読む

発光ダイオード(OLED)照予明市場へ参入のチャンス2017-2027年:成長予測、テクノロジー、主要企業 

OLED照明は、新しい半導体照明技術です。大きく成長しつつあるグローバル照明市場へのルート開拓の可能性をもたらします。しかし、無機LED照明などの既存の企業との重要な差別化の課題に直面しています。IDTechExは、照明分野におけるOLED技術とOLED技術向けの市場を評価しました。市場は2019/2020年まで軌道に乗るのに時間がかかりますが、2027年には25億米ドルに達すると見ています。
続きを読む

Graphene Market & 2D Materials Assessment 2021-2031 

Graphene has long been seen as a "wonder material" and the solution to many of the world's challenges. The reality is very different, and the immediate impact not observed. However, the industry has been progressing over the past decade and a tipping point is now being observed with notable trials progressing into orders, significant capacity installations, and price reductions. This report looks at both graphene powders/platelets and films/wafers. Benchmarking studies, granular forecasts, company profiles, manufacturer capacity/revenue/P&L are all included. IDTechEx have an extensive history in this industry and leverage an extensive amount of primary research to bring the reader the most accurate and up to date technical and market information. Beyond graphene there is an emerging family of 2D materials, each with unique properties and potential across a range of commercial applications. Nearly all are at a very early-stage of development. IDTechEx provides an assessment and outlook with a specific focus on boron nitride, transition metal dichalcogenides, MXenes, and Xenes.
続きを読む

3Dプリンティング材料 2020-2030年: コロナ禍版 

3Dプリンティング技術は1980年代後半に地味な存在として始まり今日では世界的に普及に至っていますが、その実態は各種印刷プロセスに対応可能な材料の範囲の制約を受けるものでした。その材料の範囲は昨今多様化を続けており、主要な3Dプリンターのメーカーは新たな材料を市場に投入すべく莫大なリソースを投入しています。エンドユーザーがより質の高い製品、多くの選択肢や柔軟性を要求し、また試作分野において最終製品の外観や動作を忠実に再現することのできる材料を求めていることから造形材料の種類は引き続き拡大しています。エンドユーザーが複数の業界にまたがって活躍する中、その範囲は今後も拡大する勢いです。依然として利用されている旧式のプリンターが引き続き材料を消費しているため3Dプリンティング材料の成長のポテンシャルは印刷装置ごとに大きく異なります。それゆえ、3Dプリンティングのバリューチェーンは今後10年間にとてつもない潜在的な力を秘めているのです。IDTechEx は、3Dプリンティング材料のグローバル市場が2030年に184億ドルの規模となると予測しています。
続きを読む

5G 向け低誘電損失材料 2021-2031年 

5G の展開は全世界で急速に進んでおり、2030年までに7200億ドルの市場規模になることが見込まれています。5G ネットワークの最も革新的な部分は高周波数の 5G 技術にあります。ミリ波帯 5G 対応デバイスは基板とパッケージの双方のレベルにおける伝送損失を減らすため低誘電損失材料を採用することになります。これは低誘電損失材料の市場を生み出すことになり、その規模は2031年までに1億1000万ドルを超え、2026年から2031年まで28%の年平均成長率(CAGR)に達することとなります。
続きを読む

カーボンナノチューブ 2021-2031年: 市場、技術、有力企業 

MWCNT、FWCNT および SWCNT の比較調査および検証、VACNT、シート、繊維、複合素材、スラリーなど多数。細部にわたる市場見通し、主要メーカーの略歴および分析、インタビューに基づく企業調査
続きを読む

AR、VR および MR における光学系とディスプレイ 2020-2030年: 技術、有力企業および市場 

拡張現実、複合現実そして仮想現実のディスプレイで利用される光学系とディスプレイは、臨場感あふれるユーザー体験というインパクトをもたらすため、こうした技術の品質は将来のデバイスでの採用において極めて重要となります。このレポートは様々な機器で利用される各種の光学系について報告し、その将来の成長見通しを提供しています。またディスプレイにおける6種の主要な技術に着目し、AR/MR および VR デバイスの両方を比較検証しています。この詳細にわたる分析によれば、両方の分野の市場は2030年までに合計280億ドルを超えることが見込まれています。
続きを読む

スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年 

IDTechExの調査レポート「スーパーキャパシタ 市場、技術ロードマップ、機会 2021-2041年」は、用途別および地域別の20年に及ぶ市場価値の見通しを提供しています。80社のメーカーすべての比較。3つの大きなブレークスルーがもたらすビジネス上のインパクトや用途を徹底して掘り下げています。20年に及ぶPhDレベルのグローバルな追跡調査、とりわけ2020年の調査に基づいています。
続きを読む

フレキシブル、プリンテッドおよび薄膜電池 2020-2030年:技術、市場および有力企業 

IDTechEx は2014年以来フレキシブル、薄膜型およびプリンテッドのバッテリーの技術、有力企業および市場動向を追跡してきました。このレポートは、詳細の技術分析、市場動向の紹介、市場分析、ビジネスチャンスおよび障壁に関する議論、有力企業の動向追跡を提供するとともに、技術別そして用途別に今後10年間の市場見通しを示しています。
続きを読む

5Gにおける熱管理 

5Gインフラとモバイル端末の市場は急激に拡大しています。新規5Gネットワークには従来の通信技術と比べ、多くの設備そしてこれまでより高い周波数が関わってきます。その構造と技術におけるこうした拡大や違いにより有効な熱管理が必要となります。この調査レポートは、設備の規模、周波数、アンテナサイズ、半導体技術、ダイ接着材料、電源装置および熱伝導材料の側面から5G市場における熱管理の分野を取り扱っています。現在の戦略と新たな戦略について、2030年までの予測を交えて解説しています。
続きを読む

5Gの技術、市場および見通し 2020-2030年 

IDTechExは今後数年間で急速な5Gインフラ展開や莫大な量の5G端末が市場に投入されることになると予測しています。5Gは2030年までにおよそ7,200億ドルの莫大な市場機会をもたらすでしょう。この調査レポートは、高周波数対応5G部材の特異なニッチを特定し、また5Gの市場機会を理解する上で必須となる5G技術と垂直アプリケーションに関する包括的な視点を提供しています。
続きを読む

ウェアラブル技術の見通し:2020-2030年 

この調査レポートは過去10年間にわたる IDTechEx によるウェアラブルの調査の集大成であり、それぞれのウェアラブル製品、分野およびトレンドに関する概要と見通しが盛り込まれています。この調査レポートには、2010年に遡る過去データ、ならびに52種の異なる製品カテゴリーに関する2030年の市場予測が含まれています。またこのレポートには、最新の見通しを反映するために、時宜に応じて更新され異なる分野におけるCOVID-19感染症の影響を分析する重要な項目が盛り込まれています。
続きを読む

マテリアルズ・インフォマティクス 2020-2030年 

マテリアルズ・インフォマティクスはイノベーションから市場投入までの時間を抜本的に加速させることによりR&Dのパラダイムを一変させます。複数の戦略的アプローチや既にいくつかの成功事例があり、この変革を見逃すことは非常に高くつくことになります。この調査レポートは、市場に関する重要な知見と概要を提供しています。専門的な初回インタビューを通じ、読者は有力企業、ビジネスモデル、技術そして用途分野に関する深い知見を得ることができます。
続きを読む

電子皮膚パッチ 2020-2030年 

このレポートは、電子皮膚パッチにおける市場、技術および有力企業について説明しています。これは28の用途分野と120社を超える企業を網羅し、2010-2019年の市場の過去データならびに2020年から2030年の見通しを踏まえ、この新興製品の分野に関して実施されたもっとも包括的な調査となっています。また2019年に電子皮膚パッチがもたらした100億ドル近い売上という相当のビジネスチャンス、ならびにそれが2030年までに400億ドル近くまで成長する見通しを披露しています。
続きを読む

マイクロ LED ディスプレイ 2020-2030年:技術、商品化、チャンス、市場および有力企業 

この調査レポートは、エピタキシ、半導体製造、質量移動と集合体、ボンディングおよび配線、試験、欠陥管理、修理、発光制御、全色再現からバックプレーンや運転にいたるまで製造プロセス全体を通じ利用できるオプションや新たな可能性に関する詳細な技術的分析を提供しています。この資料はサプライチェーンの評価、市場ステータス評価・予測、そして有力企業の活動分析とともに課題および市場機会を取り扱っていることから、読者が優れた戦略的意思決定を下し、最適な技術ロードマップを見出し、商用化と新規事業の開拓を進め、信頼できるパートナーについて知り、さらに最新の業界動向を探る上で役に立つものです。
続きを読む

電子デバイスのためのエナジーハーベスティング 2020-2040年 

この調査レポートは、絶好のタイミングで発行しました。ちょうど世界最初の電源内蔵式スマートウォッチが発表されたばかりです。これらは全機能搭載型ではありませんが、すでにその領域に達しつつあります。それから、IoTノード、医療インプラントおよびウェアラブルにおいて多数のハーベスターが登場しています。これは20年に及ぶ技術と市場の予測、市場ニッチと組み合わせたニーズ、技術に関する唯一の包括的分析と言えるものです。
続きを読む

デジタル水道網 2020-2030年 

デジタル水道 2020-2030年は、水道および下水処理におけるセンサー市場および配水管市場を網羅。異なるタイプのセンサー、企業、戦略ならびに使用事例に関するこの包括的な概要は、デジタル水道業界に対する知見に富んだソリューションを提供する余地のあるものです。さらにこの情報は2030年までの今後10年間における市場の成長を予測するために利用されており、その規模は20億ドルを超えるものとなると予想されています。
続きを読む

拡張現実(AR)、複合現実(MR)、仮想現実(VR) 2020-2030:見通し、市場および技術 

VR、MRおよびARの製品は、日常業務フローの管理や生産ラインにおいて多数の企業に利用されています。この市場は IDTechEx の見通しでは2030年までに300億ドルを超える規模になると予想されています。これは多様性のある市場であり、このレポートは100種の製品ならびに80社を超える詳細な情報を検証しています。このレポートには重量や視野角などの属性を比較した過去10年の製品に基づいたトレンド分析が含まれています。
続きを読む

RFID市場:フォーキャスト、プレイヤーおよびビジネスチャンス 2019-2029年 

IDTechExは20年以上にわたり RFID 市場を分析してきました。このレポートは、RFID 導入企業や様々な RFID 用途市場の技術提供業者とのインタビューを含む弊社の広範にわたる調査に基づいた RFID 分野全体の詳細なデータと分析を提供し、RFID 業界全体および何が実際に起こっているのかについて比類なきレベルの知見を提供します。弊社の調査は現場訪問やコンファレンス訪問に続く二次的調査に加え、専らこのバリューチェーン(その多くは弊社が全体のデータを集計できるように秘密保持契約に基づいて弊社にデータを提供しています)に関与する企業とのインタビューを通じて実施されています。
続きを読む

量子ドット材料と技術 2020-2030年:動向、市場、主要企業 

IDTechEx Researchは、2013年から量子ドットの技術と市場を分析しています。それ以来、当社はインタビュー、企業訪問、カンファレンスへの参加を通じて、最新の研究と市場開発に極めて位置で調査をづづけています。
続きを読む

圧電型ハーベスティング・センシング:2019-2039年 

圧電型ハーベスティングとセンシングは圧電事業の7%でしたが、圧電道路に新たに投資された数百万ドルとIOT、スマートシティヘルスケアなどのセンシングの再発明により、10億ドル以上の新しい圧電市場が生まれる可能性があります。特許出願、印刷、フレキシブルフィルム、コーティングなどの新しい素材とフォーマットが大幅に増えています。当レポートは、グローバルなインタビュー、次世代テクノロジー、市場を含むすべてを独自にまとめています。
続きを読む

糖尿病管理技術2019-2029::テクノロジー、主要企業、成長予測 

当レポートは、成人発症型糖尿病、初期糖尿病、糖尿病治療のオプションを含む、糖尿病管理デバイスの全体を網羅しています。企業、医師、糖尿病患者との主なインタビューを通じて調査され、今後10年間における糖尿病デバイスの技術変化を予測しています。レポートでは、大手企業から技術開発者、次世代のデバイスオプションを開発する新興企業まで、75社の活動がまとめられています。
続きを読む

スマートガラス・ウィンドウ市場 (2018 - 2028年):電子シェードおよび半透過型PV 

スマートガラスは、主に自動車用、建築用、航空電子工学用の窓で使用される電気活性ガラスであり、需要は10年間で11億ドルに成長しています。通常、物理的なブラインドの代わりに電子シェーディング、または電気を局所で生成するための半透明のPVウィンドウ用です。技術と市場をカバーする唯一の包括的なレポートとして、ビルや車両の設計者、売り手、ユーザーを含むバリューチェーンのすべてを支援します。
続きを読む

エレクトロニクス/電気向け非毒性材料:大規模新興市場2018-2028 

毒性のある物質が、多くの電子および電気デバイスおよび内部構造に使用されています。ほとんどの場合、それらのリスト、リスクの評価、代替案の説明はありません。当レポートは、懸念される材料と急増するデバイス数の毒性と有病率に初めて注目し、より良い法的制約に関する勧告を行っています。当レポートでは、製造、使用、乱用、廃棄においてより安全な、ほとんど知られていない多くの選択肢を明らかにしています。
続きを読む

RFID(無線自動識別)センサ市場2018-2028年:成長予測、主要企業、成長機会 

一般的なRFID市場は過去数年間で大幅な成長を遂げており、一般市場への売り込みが成功し、RFIDタグの販売数が急増しています。ベンダーは現在、最先端のRFIDセンサを備えた関連技術を模索しています。これは、検知機能をサポートするように設計された新しいチップセットの貢献により実現されました。これにより、RFIDセンサーのコストを削減できます。さらに、RFIDセンサータグの読み取りに使用できるRFIDリーダーネットワークベースが増えています。さらに、印刷センサやフレキシブルバッテリーからバイオセンシングフィルムに至るまでの新技術は、満たされていないニーズを満たし、差別化をもたらします。
続きを読む

電子工学および電気工学におけるバッテリー使用廃止2018-2028 

バッテリーを搭載した何百万ものデバイスは、バッテリーを不要とするよう再設計され、ビジネスの新時代を開きます。この新しい300ページ以上のレポートでは、バッテリーの使用を廃止して「モノのインターネット」、「永久」速度、ほぼ無限の寿命を備えた電気自動車などの大量展開を可能にする最新の方法を明らかにします。センサーからエネルギーグリッドや船舶までのアプリケーションの関連性と技術をご覧ください。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300