センサー&ハプティックス - IDTechEx 調査レポート

IDTechEx 調査レポート一覧

Gas Sensors 2022-2032: Technology, Opportunities, Players, and Forecasts 

Gas sensors are simultaneously an established industry and well placed to benefit from the trend towards mass-digitization. Interest from consumers and policymakers in air quality has increased dramatically due to COVID-19, creating a growing market for distributed gas sensor networks. Through discussions with major and emerging sensor manufacturers, along with analysis of early-stage technologies, this report identifies opportunities and challenges across environmental, medical, automotive, and olfaction markets.
続きを読む

車載用レーダー 2022- 2042年 

IDTechEx は今日における新車の50%以上がレーダーを搭載して出荷されており、主要なセンサーの一つとなっていると推計しています。Arbe、Metawave、Oculii などのベンチャー企業が性能の記録を更新する一方で、Continental、Infineon, NXP などの既存のサプライヤーが半導体技術の大きな転換を進めています。IDTechEx の見通しによれば、高いレベルの自動運転やアクティブセーフティがさらに一般的なものとなるにつれ、10年先のレーダー市場の CAGR が14%に達することが示されています。
続きを読む

プリンテッドおよびフレキシブルセンサー 2022-2032年:技術、有力企業および市場 

プリンテッドセンサーは急激に成長しつつある技術であり、信号処理のコスト引き下げ、フレキシブル薄膜フォームファクターおよび広域・センシングを実現し、モノのインターネット化(IoT)、インダストリー 4.0、患者モニタリングなどの最新用途に最適なものとなっています。この市場調査レポートは、プリンテッド光検出器、ピエゾ抵抗素子やピエゾ電気の圧力センサー、ひずみセンサー、温度センサー、プリンテッド電極、バイオセンサーならびに静電容量式タッチセンサーの技術と用途を網羅しています。
続きを読む

先進イメージセンサー技術 2021-2031年: 用途および市場 

IDTechExの新しいイメージセンサーの調査レポート。イメージセンサー技術の市場には、ハイブリッド・イメージセンサー、イベントベースビジョン、大面積溶液処理可能光検出器、フレキシブルX線検出器、ハイパースペクトルイメージングおよび超長距離シリコン検出器が含まれ、それらはいずれもコストを削減し新たな用途への適応を可能とするものです。このレポートは先進イメージセンサーの動向をまとめ、市場の見通しに加え技術・商用化の側面を分析しています。
続きを読む

ハプティクス 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

ハプティクスの技術は、スマートフォンやゲーム端末コントローラーから自動車や産業用機器に至るまで多くの馴染みのある製品で見られます。この市場を支える技術は過去5年間に大きく変容しています。数十年の歴史を持つ既存技術が主要な市場において置き換えられ、その他の先進技術が商用化に近づいています。この調査レポートは、多様で変化に富んだハプティクス業界の主要な市場と技術のすべてを分析評価しています。
続きを読む

ウエアラブルセンサー 2021-2031年 

このレポートは、今日のウェアラブルデバイスにおいて利用されているあらゆるタイプのセンサー技術に関する包括的な情報を提供しています。また、ウェアラブルのハードウェアに着目した10年に及ぶ調査に基づき、現在および将来の技術の選択肢、今日の各種センサーの商業的展望、ならびにそれぞれのタイプのセンサーや最終市場に従事する有力企業を網羅しています。
続きを読む

センサー市場 2021-2041年 

センサー事業は新型コロナウイルスによりモビリティ再考、糖尿病などもあり大きな影響を受けています。この調査レポートだけが2041年に2,500億ドル前後の規模となるセンサー市場の全体像を確認する手段を提供しています。
続きを読む

デジタル水道網 2020-2030年 

デジタル水道 2020-2030年は、水道および下水処理におけるセンサー市場および配水管市場を網羅。異なるタイプのセンサー、企業、戦略ならびに使用事例に関するこの包括的な概要は、デジタル水道業界に対する知見に富んだソリューションを提供する余地のあるものです。さらにこの情報は2030年までの今後10年間における市場の成長を予測するために利用されており、その規模は20億ドルを超えるものとなると予想されています。
続きを読む

LiDAR(ライダー)2020-2030年:技術、有力企業、市場および見通し 

IDTechEx は、ADAS と自動運転車の市場に特化したユニークな 3D LiDAR 技術を開発する106社の企業に関する包括的な分析を提供しています。弊社のインタビューに基づく企業の概要および略歴は106社の企業すべてを網羅するものです。見通しは6種の新たな LiDAR 技術および4種のタイプの自動車に区分されています。自動運転車用のグローバルな 3D LiDAR の市場は2030年までに54億ドルに拡大し、中でも MEMS LiDAR が最大の市場セグメントとして伸びています。
続きを読む

音声、スピーチ、会話ベースのユーザーインターフェース 2019-2029年技術、主要企業、市場 

このレポートでは、スマートスピーカー/音声対応のユーザーインターフェイスを新しいデバイスやさまざまなアプリケーションに展開するトレンドを強調しています。音声対応のスマートスピーカー、マイクアレイ、MEMSスピーカー、音声SoC、音声認識、自然言語理解、音声合成など、ハードウェアとソフトウェアの両方の技術が導入されています。これらのテクノロジーは、自動車、医療、ホームオートメーション、教育などの膨大なアプリケーションを混乱させる可能性があります。スマートスピーカー/音声対応のユーザーインターフェイスは、新しいビジネスモデルと収益チャネルへの道を開き、私たちのライフスタイルを変える可能性を秘めています。2029年には、市場規模は155億ドルに達する可能性があります。
続きを読む

RFID(無線自動識別)センサ市場2018-2028年:成長予測、主要企業、成長機会 

一般的なRFID市場は過去数年間で大幅な成長を遂げており、一般市場への売り込みが成功し、RFIDタグの販売数が急増しています。ベンダーは現在、最先端のRFIDセンサを備えた関連技術を模索しています。これは、検知機能をサポートするように設計された新しいチップセットの貢献により実現されました。これにより、RFIDセンサーのコストを削減できます。さらに、RFIDセンサータグの読み取りに使用できるRFIDリーダーネットワークベースが増えています。さらに、印刷センサやフレキシブルバッテリーからバイオセンシングフィルムに至るまでの新技術は、満たされていないニーズを満たし、差別化をもたらします。
続きを読む

ロボット工学用センサ市場:テクノロジー、市場、予測2017-2027年 

感覚的フィードバックに基づいて視認、感知、また、判断できるよりスマートなロボットの開発と展開は、かかるシステムが現在のロボットシステムが扱うよりもはるかに多くの市場セグメントを対象とするため、今後10年で大きな社会的影響を与えると予想されます。このレポートでは、今後10年間で161億ドルを超えると予想される、2Dおよび3Dビジョンおよび力覚センシングを含むロボットのセンシングシステムの市場を評価します。自動運転車、産業用ロボット、協働ロボットは、日常生活のあらゆる側面に増殖し、影響を与えるタイプのロボットの一部にすぎません。このレポートで強調されている関連する有効な検知システムの開発によってのみ拡散が可能になりました。
続きを読む

サービスロボット 2022- 2032年: 技術、有力企業、市場 

サービスロボットの普及が進んでいます。本レポートでは、配送・物流用ロボット、清掃・消毒用ロボット、ソーシャルロボット、農業用ロボット、調理・配膳ロボット、水中ロボットなどのサービスロボットの主要用途の包括的分析を提供します。主要技術、市場分析ならびに10年間のきめ細かい地域別市場予測も網羅しています。このレポートで市場力学、競争環境、市場見通し、有望アプリケーションを理解することができます。
続きを読む

糖尿病管理技術 2022-2032年: 市場、有力企業、見通し 

本レポートでは、糖尿病管理デバイスを取り巻く状況(成熟した技術から、新たに登場した技術、将来の選択肢までを含めて)について、解説しています。IDTechExは今後10年間で予想される業界の技術的動向を分析・予測しています。有力企業の戦略についても検討・分析を行っています。閉回路システムおよび非侵襲性 CGM の立ち上げなど主要な進化の動向についてIDTechExの見通しを展開します。
続きを読む

ポイントオブケア診断用バイオセンサー 2022-2032年: 技術、ビジネスチャンス、有力企業、市場見通し 

ポイントオブケア用バイオセンサーは、COVID-19パンデミックへの対応において不可欠なものとなっています。それに伴い、その市場規模は2019年から2倍以上に拡大しています。本レポートでは、市場の成長ドライバーや、ポイントオブケア検査を可能にするキーテクノロジーを探るとともに、患者の診断を患者により近い治療現場(ポイントオブケア)で行うための先進技術やそうしたトレンドがもたらす機会と脅威について評価しています。
続きを読む

3Dエレクトロニクス/積層エレクトロニクス 2022-2032年 

この IDTechEx レポートは個別のプリント基板を集積エレクトロニクスに置き換えて、スペース節約や軽量化を実現し複雑な製造を簡略化する技術を分析しています、これは三次元表面への電子機能付加、インモールドエレクトロニクス(IME)ならびに完全な3Dプリンテッドエレクトロニクスを網羅しています。また市場見通し、企業概要、対応レベル評価、事例研究および技術上の課題やビジネスチャンスの特定も盛り込まれており、新技術による3D/積層エレクトロニクスの動向に関する明確な全体像を提供しています。
続きを読む

自己修復材料の市場 2022-2042年 

自己修復材料は構造物の早期修理や交換に必要となる数兆ドルの費用を削減することができるものです。コンクリート、プラスチックやその他の一部の材料ですでにある程度の自己修復特性を備えている場合もありますが、これより優れた材料によってこそ大幅なコスト削減を実現できるのです。ビジネス上のポテンシャルは何でしょうか?いつそれは可能となるのでしょうか?どのような技術や用途が最適で、研究の先行きから何が約束されているのでしょうか?商業的視点に根差したこのレポートは明確な最新の解説画像、比較表そして2022-2042年の見通しを備え、その回答を提供します。
続きを読む

RFID市場_見通し、有力企業およびビジネスチャンス 2022-2032年 

IDTechEx は RFID について20年以上にわたり調査を続けており、最新バージョンの RFID 市場調査レポート『RFID市場_見通し、有力企業およびビジネスチャンス 2022-2032年』をリリースしました。このレポートは弊社のノウハウに基づいて作成され、最新の RFID 動向トレンド、有力企業分析および市場展望を網羅しています。このレポートはRFID 技術、関連企業、利用事例検証および市場に関する客観的な評価を行い、現況および将来の可能性を含め、RFID セクター全体に関するユニークな知見を読者に提供しています。
続きを読む

インモールドエレクトロニクス 2022年-2032年:技術、特許、市場予測、有力企業 

インモールドエレクトロニクスとは、成形・熱成形されたプラスチック部品に電子機能を埋め込むことができる技術です。IMEは、静電容量式タッチ、照明、さらにはハプティクスを統合し、最大70%の小型軽量化を実現した、曲面タッチセンシティブインターフェースの効率的な製造方法です。これらの利点を踏まえ、IDTechExはIMEが2032年までに15億ドルの市場となり、主に自動車や家電分野で応用されると予測しています。
続きを読む

ウェアラブル技術の市場見通し 2021-2031年 

このレポートは、IDTechEx による過去10年以上にわたるウェアラブル技術の市場ならびに技術調査の集大成と言えるものです。これには、スマートウォッチやフィットネストラッカー、AR、VR、MR、ヒアラブル、スマートウェアやe-テキスタイル、電子皮膚パッチ、その他多くの製品タイプを含む広範囲な分野の市場データとIDTechExアナリストによる最新分析および展望をまとめています。
続きを読む

E-テキスタイルおよびスマート衣料 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

このレポートは、E-テキスタイルの商用化に関する市場、技術および有力企業について解説しています。材料、コンポーネントおよび製造手法から4つの主要製品カテゴリーに至るまで、バリューチェーン全体を網羅しています。このレポートは、10以上の異なる市場分野を検証しており、224社の企業情報を含んでいます。このレポートでは、市場は2020年は5億ドル弱ですが、今後10年間で13億ドルを超える規模に成長すると予測しています。
続きを読む

電子皮膚パッチ 2021-2031年 

このレポートは、電子皮膚パッチの市場、技術および有力企業について解説しています。28の用途分野と130社を超える企業を網羅し、2010-2020年の過去の市場データと2021年から2031年の市場予測を含み、電子スキンパッチ分野に関して実施されたもっとも包括的な調査内容となっています。これには持続血糖モニタリング(CGM)、バイタルサインモニターなどのセクターや多くの関連分野を含め、2021年に年商100億ドルを超える多大なビジネス機会があることを明らかにしています。
続きを読む

車載向けプリンテッド・フレキシブルエレクトロニクス 2021-2031年: 技術および市場 

電動化・自動運転車への移行によりプリンテッドおよびフレキシブルなエレクトロニクスの大きな市場機会が生み出されています。これらの技術には EV パワートレイン、車内センサーとディスプレイ、および車外ヒーターおよび照明も含まれています。このレポートは、11種の用途にわたるプリンテッド/フレキシブルエレクトロニクスの現状そして市場機会、そして売上および数量別の10年先の市場見通し、複数の事例検証ならびに商用化や技術的な成熟度の分析についてまとめています。
続きを読む

エアロゲル 2021-2031年: 技術、市場および有力企業 

エアロゲルは100年近くその存在を知られているナノ多孔質材料の一種です。そこには複雑な歴史があり、21世紀になってようやく本格的な商用利用が開始しています。この市場はシリカエアロゲルブランケットが中心となっています。これは専ら石油・天然ガス業界において断熱材として利用されています。新たな有力企業が特に中国で事業を拡大し、EV バッテリーパックから建設業に至る新規用途が開拓されるなど活発な動きがあります。シリカ以外では、まだ商用化の初期段階にあるポリマーとカーボンのエアロゲルの分野が脚光を浴びており、これらは業界をまったく新しい方向に誘う潜在力を秘めています。このレポートはエアロゲル業界の主要技術、有力企業ならびに市場を網羅しています。IDTechEx は多年にわたりこの分野の調査を行っており、この新興市場に関するもっとも包括的で正確な情報をお届けします。
続きを読む

グラフェン市場&2D材料の分析 2021-2031年 

グラフェンは、長い間「脅威の素材」とされ、世界の課題の多くを解決してくれる素材とみなされてきていました。現実はこれとはかなり異なるものであり、その直接的なインパクトはしっかりと評価されていませんでした。しかしながらこの業界は過去10年間で進化を重ねており、現在では注目された試みが受注、大幅な設備拡大そして価格低下へと発展しており、転機を迎えていることがわかります。このレポートは、グラフェン粉末/プレートレットとフィルム/ウエハーの両方を検証しています。比較調査、詳細な見通し、会社概要、生産能力/年商/収益がすべて盛り込まれています。IDTechEx はこの業界に対して長い調査実績があり、豊富な一次調査を活用して読者に最も正確で最新の技術や市場情報を提供しています。グラフェン以外の新興する各種2D材料は、それぞれユニークな特性と幅広い商用利用のポテンシャルを備えています。そのほとんどはまだ発展の初期段階にあります。IDTechEx は、特に窒化ホウ素、遷移金属ダイカルコゲナイド、MXeneおよびXeneに着目した分析と見通しを提供しています。
続きを読む

プリンテッド・フレキシブル エレクトロニクス材料 2021-2031年: 技術、用途、市場見通し 

既に折り畳み式スマートフォンに利用されているプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスは、医療機器からスマートパッケージングそして電子テキスタイルから消費者向け製品に至る用途に幅広く採用されていくことが見込まれています。この技術の変遷は、特に新たな OLED エミッタ、無粒子構造の導電性インクおよび導電性接着剤を含む革新的な材料を対象とする多大な市場機会をもたらします。この IDTechEx レポートは、すべての関連材料を網羅した市場見通し、インタビューに基づいた詳細な企業概要、事例検証および技術ロードマップを盛り込んでいます。弊社の包括的な概要と分析により、読者はプリンテッド/フレキシブル・エレクトロニクスへのこの技術の移行がもたらす機会を理解し利用することができるようになるはずです。
続きを読む

AR、VR および MR における光学系とディスプレイ 2020-2030年: 技術、有力企業および市場 

拡張現実、複合現実そして仮想現実のディスプレイで利用される光学系とディスプレイは、臨場感あふれるユーザー体験というインパクトをもたらすため、こうした技術の品質は将来のデバイスでの採用において極めて重要となります。このレポートは様々な機器で利用される各種の光学系について報告し、その将来の成長見通しを提供しています。またディスプレイにおける6種の主要な技術に着目し、AR/MR および VR デバイスの両方を比較検証しています。この詳細にわたる分析によれば、両方の分野の市場は2030年までに合計280億ドルを超えることが見込まれています。
続きを読む

医療診断におけるAI(人工知能) 2020-2030年: 画像認識、有力企業、医療用途、見通し 

このレポートは、5例の主要な医療用途を分析することで疾患検出のための画像認識人工知能(AI)の分野を検証しています。最先端技術について解説し、有力企業に着目し、それぞれのセクターの市場動向を分析しています。トレンド、市場機会、ハードルおよび課題(技術面と商業面の両方)について徹底して検証しており、この技術の現在と将来の市場に関する詳細にわたる知見が示されています。
続きを読む

肌センサー 2020-2030年: 技術、市場、参入企業、フォーキャスト 

この調査レポートは化粧品業界を中心に肌のパラメーターの定量的な測定に利用されている手法や技術を網羅しています。肌センサー技術は、エレクトロニクス技術の近年の進化と消費者行動の変化により広範な分野において利用が急激に拡大しています。肌センサー技術の市場は、電子商取引、スマートリテール、ハイパーパーソナライゼーション対応スキンケアなど多くの分野におけるスキンケア関連企業の需要により2030年までに2億7,500万ドルの規模に達することが見込まれています。
続きを読む

フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス 2020-2030年:用途、課題、イノベーションおよび見通し 

この IDTechEx 調査レポートは、要素技術や課題の分析、30件以上に及ぶプロトタイプのケーススタディ、技術導入ロードマップならびに詳細な市場予測を含むフレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクスのすべての側面を網羅しています。FHE は既存の電子業界に異変をもたらし、最終的にユビキタス電子機器のビジョンを実現し、新規用途を生み出すことになります。このレポートに示されるトレンド、見通しおよびイノベーションの機会はこの変革に関するロードマップとなります。
続きを読む

ヘルスケアにおけるフレキシブル・エレクトロニクス 2020-2030年 

この調査レポートは、電子皮膚パッチ、電子テキスタイル、電子化学的検査紙およびスマート・ブリスターパックを含む医療におけるフレキシブル・エレクトロニクスの最新の用途を網羅しています。デジタルヘルスの動きによってヘルスケアシステムの分散化が進む中、フレキシブルエレクトロニクスは、快適で長期的な患者の遠隔モニタリングソリューションを提供する上で有利な立場にあります。フレキシブル・エレクトロニクスは医療モニタリングにおける新たなフォームファクターや新製品を可能とするものであり、2030年には83億ドル以上の価値を持つ重要な市場となります。
続きを読む

ヒアラブル 2020年-2030年:技術、有力企業および見通し 

ヒアラブルとは、耳の中や上や周囲に装着するワイヤレス電子製品です。これらには、ヘッドホン、補聴器、人工内耳および関連する分野などの製品が含まれます。それらの用途には、消費家電や医療の分野を中心としたインフォテイメント、補聴および能力拡張、医療診断などが含まれています。このレポートは、ヒアラブル市場および技術的展望に関するもっとも包括的な分析を提供しています。
続きを読む

デジタルヘルスと人工知能(AI) 2020:トレンド、機会、および展望 

2018年にはデジタルヘルスへの投資が81億ドルに達し、2019年には一連のIPOが成功するという状況に伴い、この複雑な分野を理解し、ヘルスケア業界にどのように影響するかを理解することが重要になっています。この調査レポートは、デジタルヘルスとヘルスケアエコシステムにおけるAIの詳細な概要を提供します。これには、消化器/デジタル治療、テレヘルス/テレメディスン、遠隔患者モニタリング、診断におけるAIなどが含まれます。
続きを読む

ロボット手術のイノベーション 2020-2030:技術、プレーヤー、市場 

このレポートでは、ロボット手術の分野を4つの主要セクターに分類しています。本レポートは、新しい技術を探求し、主要プレーヤーを強調し、市場の状況を分析し、将来の機会と課題について議論します。ロボット手術における人工知能と触覚フィードバックの使用の説明も含まれます。浮き彫りにされている傾向と予測は、ロボット手術市場の現在および将来の状況に関する詳細な洞察をもたらします。
続きを読む

分子診断 2020-2030年 

分子診断は、技術の進歩(第3世代 DNA シークエンシング、デジタル PCR およびマイクロ流体デバイスなど)、医療現場の分子診断市場の拡大、ならびに実証済みの臨床的有用性を持つ遺伝子バイオマーカーの発見が相次いでいることに刺激され、医療業界においてもっとも急速な成長を遂げている市場の一つです。分子診断市場は2030年までに200億ドルに達すると予想されています。
続きを読む

循環器障害 2020-2030年:トレンド、技術および見通し 

CVDの蔓延とそれが医療制度にもたらす重い経済的負担は、この病気に対処するための早急な打開策の必要性を物語っています。このレポートは、最新トレンドに焦点を当て、市場展望を分析し、将来の事業機会と課題に関する知見を提供するものです。新技術に対するその調査は、検知、モニタリングおよび治療の3つの分野に区分され、直近および将来の動向の詳細な分析を提供しています。
続きを読む

スマートパッケージング 2020-2030年 

この IDTechEx 調査レポートは一般消費財(FMCG)ブランドからのスマートパッケージングに対するフィードバック、これらを実現するテクノロジーの評価、スマート・パッケージングの事例研究、電子スマートパッケージングの有力企業と見通しにより、スマートでインテリジェントなパッケージングの事業機会を網羅しています。アクティブパッケージング技術のオプションや化学的インジケータについても検証しています。この分析は、中国におけるQRコードの台頭の評価から4000億ドルを超えるパッケージング業界の革新的な変貌を可能としている新規の半導体とその他のコンポーネントに基づく最新の電子スマートラベルに至るまでグローバルな観点で実施されています。また率直な課題の評価と失敗から得た教訓も盛り込まれています。この詳細にわたる調査レポートの全容をご確認ください。
続きを読む

先進創傷ケア技術市場:2020-2030年 

先進的な創傷ケア技術の市場は、2030年までに220億ドルを超えると予測されています。これは、主に高齢化による需要の増加と世界中の糖尿病の増加によります。世界中の医療システムにおける負担増加により、高度な創傷ケア製品は、創傷ケア患者の経路を改善し、治療の費用対効果を高めることに焦点を合わせます。
続きを読む

遠隔患者モニタリング 2019-2029年 

世界中の医療費が増加するにつれて、費用対効果の高い医療を提供する革新的な方法を開発する必要があります。患者の健康状態の測定と分析を参照するリモート患者モニタリング(RPM)は、医療施設の医療従事者や医師が物理的に立ち会う必要はなく、 患者に対する高い水準のケアを維持しながら医療費を削減する有望な技術として浮上しています。
続きを読む

レーザーダイオード & ダイレクトダイオードレーザー (DDL) 市場の分析・予測:2019-2029年:技術、市場、成長予測 

新興の半導体レーザー技術は、産業用材料処理および光学センシング市場に革命をもたらします。IDTechExは、2029年までに世界のレーザーダイオードおよびダイレクトダイオードレーザー市場が139.85億ドルの規模に達すると予測しています。驚くべきことに、この期間中に光学センシングセグメントは1桁成長します。自動車およびエレクトロニクス産業は、レーザー製造、3Dセンシングおよびイメージング、LIDAR、および産業用マシンビジョンの進歩から大きな恩恵を受けます。
続きを読む

伸縮性エレクトロニクスとコンフォーマルエレクトロニクス市場 2019-2029年 

当調査レポートは、伸縮性エレクトロニクスに関して必要とされるすべてを提供します。この多様な新興産業の最も包括的かつ洞察力のある分析を提供し、利用可能なもしくは/または現在開発中のさまざまな伸縮性材料/コンポーネントのそれぞれについて取り上げ、伸縮性エレクトロニクスに統合される可能性がある60以上の製品タイプを検証し、100社以上の進捗状況まとめています。62企業、25の研究機関に関する初期調査、および14を超える材料/コンポーネント領域でセグメント別の10年間の市場予測を提供します。
続きを読む

ファイバーレーザー市場2018-2028::技術・成長機会・市場・成長予測 

当レポートは、高度にイノベーティブなレーザー技術と、急速な成長を遂げているファイバーレーザー市場の取材結果を提供します。これらは、市場調査会社ではめったに調査されません。当レポートは、レーザー物理研究の技術的背景を持つアナリストによって作成されています。
続きを読む

侵襲性・非侵襲性神経インターフェース:予測・アプリケーション 2018-2028年 

神経インターフェースはますます注目を集めており、脳に関する洞察を獲得し、治療を改善し、周囲の世界での対話をより深くすることに寄与します。EEGプローブは現在、このスペース、伝統的な低コストの技術を支配しています。 彼らは年間収益は10億ドル以上を占めています。しかし、より革新的な技術と治療法が間近に迫っているため、侵襲的プローブ市場は今後10年間で上昇すると予想されます。
続きを読む
 
こちらをクリックして弊社の調査方法をご確認ください
 

関連レポート

 

連絡先

IDTechEx Researchでは、市場・技術に関するリサーチや戦略的アドバイスをタイムリーに提供しています。
個別調査レポートをご利用いただくか、関心のあるテーマに関するレポートをすべてお読みいただけるサブスクリプションをご契約ください。さらに詳しくは下記までご連絡ください。 Please contact us to learn more and discuss your needs at: research@IDTechEx.com or call

アメリカ(USA): +1 617 577 7890
アジア(日本): +81 3 3216 7209
ヨーロッパ(UK): +44 1223 812300