エネルギー貯蔵インテリジェンスサービス

エネルギー貯蔵技術の開発は、他の技術開発に何十年も立ち遅れてきました。これが今、長寿命の携帯電子機器を要求する消費者や、電気自動車および燃料電池自動車へのインセンティブ、スマートグリッドに必要な、特に再生可能エネルギー源のために必要なローカライズされたエネルギー貯蔵といった状況の中で、急速に変化しています。関係者にとっては壮大な成功とともに大失敗があることでしょう。これはすでに過去数年間に実証されてきたことです。

技術の開発は、エネルギー貯蔵装置の構造や製造プロセスに使用される素材のイノベーションとは大きく異なります。このオプションの一部は、既存のエネルギー貯蔵技術に取って代わるでしょうし、多くは、バッテリー付きスーパーキャパシタや一部の自動車燃料電池のように、異なる目的のために異なる組み合わせで一緒に使用されるでしょう。

この分野で利益を挙げようとする企業には、次のことが必要です。

  • 市場の要求を理解し、サプライチェーンの各部分で機会を明確に定量化する
  • 異なる技術のパフォーマンスと技術開発ロードマップを評価する
  • 競争力のある風景、IP、およびFTO(フリーダムトゥオペレート)を知る
  • 提携関係、買収、顧客/クライアントのコラボレーションの可能性を探るため、バリューチェーン全体を通じて企業を特定し評価する
  • 最近の世界的なトレンド、次に何が来て、それが公平な洞察力で何を意味するのかの評価を続ける

取り上げるトピック: バッテリー(エナジーストレージ)

イネーブリング素材と製造プロセス...
  • リチウム、亜鉛、マグネシウムなどの化合物
  • グラフェン、カーボンナノチューブ
  • 水素
  • 導電性ポリマー
  • スロットダイコーティング、印刷、真空処理
…これらのデバイスの作成…
  • 集電体、アノード、カソード
  • 電解質
  • バッテリー(リチウムイオン、ニッケル水素、鉛酸、その他)
  • 電解二重層キャパシタ (EDLC)、スーパーキャパシタ、ウルトラキャパシタ
  • スーパーカーバッテリー
  • 燃料電池
  • バッテリーレスエレクトロニクス
  • ワイヤレスパワー
…利用されている業界
  • 陸、海、空モビリティ、eMobility、電気自動車
  • コンシューマーエレクトロニクス
  • スマートビル、スマートシティ
  • ワイヤレスセンサー
  • 再生可能エネルギーの貯蔵
  • バックアップパワーサプライヤー
  • 無停電電源装置(UPS)
View バッテリー(エナジーストレージ) Timeline

最近のIDTechEx分析